« 第7回大会対戦記5 | トップページ | 1.63変更カードレビュー »

2006年4月24日 (月)

1.63新カードレビュー

ABCD ver1.63ではクリーチャーが多く追加されました。
ということでレビュー。

UA_097 - Summon
●槍兵 / Spearman [ 4(炎) / 300f ]
兵士の召喚
Atk=2 , HP=1
貫通

小型貫通持ちのクリーチャー。
貫通のメリットを活かすには攻撃力を何らかの方法であげたい。
【アドレナリン増加】もHPが1だから使えないが...【焔巫女】か?


UA_098 - Summon
○年老いた教官 / Old Superior [ 5(炎) / 300f ]
兵士の召喚
Atk=2 , HP=2
→継承[ 0MP / 30f ]
年老いた教官を完全破壊する。対象のクリーチャーは(+2 / +1)の修正を得る。

【焔巫女】小型版。
炎の5MPには【溶岩巨人】という定番クリーチャーがいるし、それを超える能力ではなさそう。
クリーチャーを減らしてまで一点集中にすると
相手の《ロボトミー殺人事件》の餌食になりやすいなどデメリットも多いのでいまいち?


UA_099 - Summon
○巨大戦車 大和 / Huge Battle Tank YAMATO [ 10(炎) / 800f ]
兵器の召喚
Atk=7 , HP=7

炎単色の大型クリーチャー。
単にサイズが大きいだけで何も特殊能力は無し。
さらに800f。確かに炎属性で相手の《水の壁》を突破するクリーチャーではあるが...


UA_100 - Summon
○オゴポゴ / Ogopogo [ 4(水) / 400f ]
鯨の召喚
Atk=2 , HP=1
オゴポゴが場に出たとき、対戦相手は手札を1枚捨てる。そのカードはランダムに決定される。

水の4MPクリーチャー。2/1とまあまあの能力だが特殊能力が激しい。
【ニューネッシー】と並び、水属性の強力な序盤のクリーチャーといえるだろう。
しかも、【手札抹殺】とは違い、相手の《呪文掌握》にも負けずに手札破壊が可能。


UA_101 - Summon
○象男 / Elephant Man [ 5(風) / 300f ]
人間の召喚
Atk=2 , HP=1
いずれかのプレイヤーがドローストックを使用するたびに象男は(+1/+1)の修正を得る。

【手札加速】や【脳髄変換】など大量のドローストックを得る呪文と組み合わせたい。
元の能力が2/1と貧弱なので、2回パワーアップしないとあまり意味がない。


UA_102 - Summon
●閉ざされた裏門 / Closed Back Gate [ 3(光) / 100f ]
壁の召喚
Atk=0 , HP=3

ブロック終了時にブロック可能状態になる。

軽い壁。HP3で二回もブロックするとちょっときついか。


UA_103 - Summon
○葉巻型円盤 / Cigar Type UFO [ 5(光) / 50f ]
機械の召喚
Atk=0 , HP=3
飛行 , 壁
場に出たときドローストック+1を得る。

ドローサポートつきの壁。
飛行でHP3なので、それなりに活躍の場もありそうだが、【天使の下僕】や【空歩兵】の方がいいかなあ?
【付喪神】デッキなら別だけど。


UA_104 - Summon
○3mの宇宙人 / Flatwoods 10 feet Alien [ 5(光) / 300f ]
宇宙人の召喚
Atk=2 , HP=2
対戦相手のクリーチャーが場に出るたびにあなたは1HPを得る。

これは結構面白そう。
粘って大型クリーチャーを出したい光属性によくあった特殊能力で、
炎の速攻デッキはぎりぎりの勝負をしているので、
これ一体が出てきただけで苦戦を強いられそう。


UA_105 - Summon
●ドーバー・デーモン / Dover Demon [ 4(闇) / 450f ]
宇宙人の召喚
Atk=2 , HP=2
貫通
ドーバー・デーモンが場に出たとき、あなたは1HPを失う。

闇の貫通クリーチャー。
こちらは【槍兵】と違いHPが2なので【アドレナリン増加】に耐えられる。
でも、【腐肉象】や【子鬼】の方が闇らしいかな。
【キルリアンのオーラ】あたりをつけるか。


UA_106 - Summon
○モンゴリアンデスワーム / Mongolian Death Worm [ 5(闇) / 400f ]
ワームの召喚
Atk=2 , HP=2
ブロックされた場合、ブロックしたクリーチャー1体につき(+1 / +2)の修正を戦闘終了時まで得る。

闇の中型クリーチャー。
アタック時に強いので、ノーガードの闇らしい感じだが、本体に通ったら2点。
3/3クリーチャーにはただでは負けないためいい感じだが、
3/3クリーチャーが相手にいた場合、本体に通されるとこちらがクロックで損をする。
【腐肉熊】の方が闇らしいかも。


UA_107 - Sorcery
●精神抹消 / Soul Erase [ 3(水水) / 0f ]
対象の詠唱中召喚呪文を打ち消す。

カウンターは比較的何でも対処できるから強いような気がするのだが...
クリーチャー除去を入れるか悩むなら選択の可能性があるかも。


UA_108 - Sorcery
●霊魂退行 / Soul Degradation [ 3(水) / 50f ]
対象のクリーチャーをオーナーのライブラリの一番上に戻す。

【霊魂逆流】のパワーアップ版。
ドローもある意味遅らせることができるので、テンポよく攻める速攻デッキにはいいかも。


UA_109 - Sorcery
○再構築Lite / Rebuild Lite Version [ 3(風) / 400f ]
全てのプレイヤーはカードを3枚引く。

1ターン目に撃てる再構築。
元祖【再構築】もあわせてターボ再構築デッキを組むとすさまじい速さで回るのか?


UA_110 - Sorcery
●呪詛洗浄 / Curse Washing [ 4(光) / 400f ]
対象のランドスペルを破壊する。
ドローストック+1

【呪術排除】よりはこちらか。でもあくまで【呪術排除】を入れる場合。


UA_111 - Sorcery
●多段呪詛排除 / Double Remove Curse [ 4(光) / 300f ]
対象のランドスペル2個を破壊する。

これはちょっとなあ。
【呪術排除】さえなかなかデッキには入らないがランドスペルが2個以上という
限定された状態でないと使う機会がないとすると...ねぇ。


全体としては属性拘束のゆるいクリーチャーが多くなったので、
デッキの選択の幅が増えたと言えるでしょう。
特に【オゴポゴ】が目を引く強さで、【霊魂退行】もはやりそうな感じです。
とすると今回は水属性強化かな?

|

« 第7回大会対戦記5 | トップページ | 1.63変更カードレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回大会対戦記5 | トップページ | 1.63変更カードレビュー »