« 第7回大会対戦記3 | トップページ | 第7回大会対戦記4 »

2006年4月23日 (日)

クリスタル破壊デッキ(ver1.62)

デッキ枚数:40枚
CRC:DD080B2C

炎:23 無:17

Crystal - 13枚:32.50%
(Basic - 13枚:32.50%)
13 炎のクリスタル
Summon - 8枚:20.00%
3 溶岩巨人
1 不死鳥の雛
4 赤色土偶
Sorcery - 19枚:47.50%
4 結晶破壊
4 結晶崩壊
3 多段結晶破壊
4 手榴弾
4 車爆弾

今回は炎のコントロールデッキ、クリスタル破壊デッキの紹介です。
...が速攻デッキに対してはかなりの運がないときついです。

ポイントは【赤色土偶】。
1ターン目にこれを詠唱しておくと2ターン目には炎炎炎とMP4がそろうので、
BTの【結晶破壊】が撃つことができ、2ターン目にして相手のクリスタルを破壊できます。
クリスタルが事故気味の相手の場合はかなり足止めをすることができるでしょう。
しかし、そう毎回うまくいくものではないので、
1200fの【結晶崩壊】等で圧力をかけるにとどまる場合も多いと思います。

クリーチャー排除の手段は【車爆弾】しかないので、HP4以上のクリーチャーは
こちらのクリーチャーをブロックに使ったりしてうまく2:1交換でもいいので排除してください。
後はとにかく計8枚のドロー加速呪文でクリスタル破壊呪文をひきまくって、
相手の属性クリスタルをメインに破壊していきます。
一度回ってしまえば大体相手のクリスタルを、3枚に一瞬届くくらいで押さえられます。

また、《超進化》や《突然死》、《因果応報》や《焼却》といった強力なバトルスペルは
すべて属性拘束が2あることを念頭に入れて、クリーチャー戦をしないと、
8枚(そのうち4枚は土偶)しかないクリーチャーでは殴りきれなくなってしまいますので注意が必要です。

お好みによっては【加速技術】を入れると、かなりロックデッキの様相を呈してきます。
詠唱の遅い【多段結晶崩壊】を1ターンで唱えられたり、
1200fの【結晶崩壊】もHPとMP次第では1ターンで唱えられるようになりますから。

|

« 第7回大会対戦記3 | トップページ | 第7回大会対戦記4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回大会対戦記3 | トップページ | 第7回大会対戦記4 »