« 5/28対戦記(ver1.67) | トップページ | 5/29対戦記(ver1.67) »

2006年5月28日 (日)

最近の対戦について(愚痴w)

最近めっきり勝率が落ちました。
やっぱ弱いんだなあ、と実感するこのごろ。
パーミッションやコントロールに当たると勝てる気がしませんし、
バーンに当たれば事故どころか激しく回り、クリーチャーも焼かれまくります。
リアニメイトに当たると毎回3ターン目に《首無しプラナリア》が現れるような気がします。
紹介しているカウンター再構築デッキも【再構築】系が引けずに息切れして負けることも多いです。
デッキの相性はある程度あると思いますが、
やはりこれだけ回数こなせばある程度の実力が出てくるのかなあ、とかも思います。
あまり新しいデッキを組んでいないのも実力が落ちている一つの要因かもしれません。

と、愚痴ばかり書いても仕方ないのですが、一つ。
最近、クリーチャー同士の殴り合いになる確率がグーンと減った気がします。
カードプールが充実して、
バーンやパーミッション、再構築、コントロールと様々なデッキが組めるようになったことによって
普通のビートダウンデッキが相対的に弱体化したといえると思います。
しかも《ロボトミー殺人事件》で簡単にフィニッシャーを奪われる(奪う)のでそのリスクを減らすにはどうしたらよいか、
と考える環境ですから、余計に普通の殴り合い勝負にはなりにくいと思います。

バーンや再構築など使っても余り駆け引きもなく、という感じがするので、
個人的にはビートダウンデッキが使いたいのですが、うーむ。
そして、コントロール系に対抗するにはカウンターがあってある程度の耐性がある水。
となってアクアプレスが最近のマイブーム。
でも、速攻にはやっぱり負けるんだよなあ。壁でも入れたらいいのかな。

|

« 5/28対戦記(ver1.67) | トップページ | 5/29対戦記(ver1.67) »

コメント

MTGでもABCDでも全然勝てないヘタレなのですが
最近、初期MPの存在が大きいのではないかなと思ってます。

単純にクリスタル(MTGなら土地)を置き合った場合
4ターン目に出せるクリーチャーのサイズが
ABCDだと3MP(1マナ相当?)のを2体止まり
MTGだと2マナ(4MP相当?)のを2体出せるので
クリーチャーの数で押したいデッキが作りづらいのではないかと。
そもそも6MPもあれば、現在のバーンかパーミッションなら磐石の体勢でしょうし。

もちろんABCDには幇助や無色などMPを走らせる要素が
たくさんあるので一概にこうとは言えないとは思いますが
それはノンクリーチャー側も同様ですので。

カードが増えてコンセプトを濃くすることが可能になってきたため
これからしばらくは、どうしても使われる戦法に偏りがでる
過渡期なのではと個人的に感じてます。
いきなり乗り込んでヘタレな長文、失礼しました

投稿: ナナシサス | 2006年5月29日 (月) 10時44分

コメントありがとうございます。
初期MPに関しては前々からいわれていたことで、
最低6MP無いと基本的には2つの呪文を使えないという縛りがあるのはABCDの特徴でしょう。

使うデッキ(戦法)に偏りが出るのは仕方ないことだと思います。
環境によって強いデッキは刻々と変化していきますから、
今現在強くても、新たなカードプールによってあるいは修正によって
また、クリーチャー勝負になる日が来るかもしれません。

というか、どちらかというと他のデッキが組めなかったという意味で、
今までがカードプールが足りなかったのかもしれませんね。
バーンは【手榴弾】や【車爆弾】に【短距離弾道ミサイル】、
再構築は【再構築Lite】が加わってようやく形になったという感じのデッキですから。

作者のjxtaさんはなかなかするどいバランス感覚の持ち主のようですので、
今後の展開に注目です。

投稿: ひで | 2006年5月29日 (月) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/28対戦記(ver1.67) | トップページ | 5/29対戦記(ver1.67) »