« 1.68変更カードレビュー | トップページ | 6/1対戦記(ver1.68) »

2006年6月 1日 (木)

1.68新カードレビュー

abcd1.68で追加されたカードについてのレビュー。
いよいよドローストックシステムが環境に大きく影響を与えるときが来たようです!


UA_122 - Summon
●ピンクの象 / Pink Elephant [ 3(-) / 400f ]
象の召喚
Atk=1 , HP=1
いずれかのプレイヤーがドローストックを使用するたびにそのプレイヤーに3点のダメージを与える。

1ターン目に出せれば相手にプレッシャーをかけられるかもしれないが、
構築戦だとやはり目にしなそう。


UA_123 - Summon
●赤国エージェント / Agent of The Red [ 4(炎炎) / 300f ]
兵士の召喚
Atk=1 , HP=2
先手
対戦相手がドローストックを保持していない場合、赤国エージェントは戦闘中(+2 / +0)の修正を得る。

強い...と評判の炎のクリーチャー。
確かに今までの感覚でいればドローストックを使ってしまうので強いが、
残しておけば1/2だから【猪の戦闘バギー】の方がマシ。
ここで【サイバーテロ】かw


UA_124 - Sorcery
○構造欠陥 / Structural Defect [ 4(水水) / 300f ]
対象のランドスペルは「ターン開始時にあなたに2点のダメージを与える。」効果を得る。

ランドスペル対策は...以下略


UA_125 - Summon
●狡猾な河童 / Cunning Kappa [ 5(水) / 300f ]
妖怪の召喚
Atk=2 , HP=2
ターン終了時にドローストックを保持していない全てのプレイヤーに1点のダメージを与える。

これまた微妙なクリーチャー。
意外とフィッシュで息切れしたときに最後の手段として使える可能性も見える...かな?


UA_126 - Summon
●胡散臭いビッグフット / Doubtful Bigfoot [ 3(風) / 10f ]
妖怪の召喚
Atk=1 , HP=1
胡散臭いビッグフットが場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする全ての詠唱中ソーサリーは可能ならば胡散臭いビッグフットを対象とする。

風属性の救世主となるか。
【ロボトミー殺人事件】や【車爆弾】といった強力クリーチャー除去を
回避する手段がなかった風属性に回避の一手。
状況限定カウンターっぽい性格のカードなので4枚は多いだろう。
2枚くらい入れてここぞというときに使いたい。


UA_127 - Summon
◎バンニップ / Bunyip [ 9(風風風風) / 200f ]
山羊の召喚
Atk=4 , HP=4
伝説 , 貫通
バンニップが場に出たとき、バンニップは(+X / +X)の修正を得る。Xは対戦相手のドローストック数の2倍と等しい。

【脳髄変換】や【手札加速】を使えば激しいクリーチャーになる...
が、そこまでMPがたまっているのなら大量にクリーチャーを出して殴ったほうがいい気がする。


UA_128 - LandSpell
◎防衛拠点 / Defense Base [ 7(光) / 10f ]
ターン終了時に防衛拠点の上にクリーチャーが存在しない場合、防衛拠点の上に警備兵を召喚する。

召喚されるのが「兵士」だったら面白かったのにw
それでは強すぎかw
それか「壁」とかw


UA_129 - LandSpell
●ファントム・リム / Phantom Limb [ 3(光光) / 500f ]
上に配置されているクリーチャーは戦闘中(+X / +X)の修正を得る。Xはあなたのドローストック数と等しい。

んー、微妙。【低速取得】と組み合わせると意外と渋い動きをするの...かも?


UA_130 - Summon
●首無しライダー / Head-Less Rider [ 5(闇) / 400f ]
妖怪の召喚
Atk=3 , HP=2
対戦相手がドローストックを保持していない場合、首無しライダーはブロックされない。
首無しライダーが場に出たとき、あなたは手札を1枚捨てる。そのカードはランダムに決定される。

アンブロッカブルクリーチャー。
手札を捨てるという大きなハンデを背負うが、除去されなければ確実にクロックをまわせる。
スーサイドの最後の切り札になるかも。


UA_131 - Summon
●働き蟻 / Worker Ant [ 3(-) / 200f ]
蟻の召喚
Atk=1 , HP=1

UA_132 - Summon
○軍隊蟻 / Army Ant [ 5(-) / 400f ]
蟻の召喚
Atk=0 , HP=1
戦闘中場に出ている蟻1体につき(+1/+1)の修正を得る。

UA_133 - Summon
◎女王蟻 / Queen Ant [ 9(-) / 1000f ]
蟻の召喚
Atk=4 , HP=4
伝説 , 貫通
→召喚[ 3MP / 100f ]
対象のあなたのフィールドに働き蟻を召喚する。
・捕食[ 2MP / 50f ]
対象のあなたのクリーチャーを完全破壊する。女王蟻は(+1 / +1)の修正を得る。

あらたな種族デッキの予感。
でも、女王蟻はすんごく重いから結局普通のビートダウンには速度で負けそう。
そこを何とか工夫すれば...毎ターンクリーチャー召喚w
【ロボトミー殺人事件】とかされたら笑うしかないですなw


UA_134 - LandSpell
◎吸魂円陣 / Soul Drain Engine [ 7(闇闇闇) / 500f ]
ターン開始時に対戦相手は1HPを失い、あなたは1HPを得る。

なかなか渋いランドスペル。【呪詛円陣】よりはずいぶん強いw
重いので【首無しプラナリア】等との選択になるだろうか。

|

« 1.68変更カードレビュー | トップページ | 6/1対戦記(ver1.68) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1.68変更カードレビュー | トップページ | 6/1対戦記(ver1.68) »