« 6/5対戦記(ver1/68) | トップページ | 6/6対戦記(ver1.69) »

2006年6月 6日 (火)

1.69レビュー

ABCD1.69での変更、追加点レビュー。

まずは変更点から。

・「赤国エージェント」から先手を削除
これで【突撃兵】の面目が保たれた感じですか。

・「復活阻止」に「ノンアクティブ状態になる。」効果を追加
といってもやはり効果が発動しない限りには意味が無いので...

・「防衛拠点」のコントロールを奪った場合、効果が正常に発動しない不都合を修正
これバグだったんですねw 仕様かと思いましたw

・「防衛拠点」の詠唱時間を10fから50fに、「胡散臭いビックフット」の詠唱時間を10fから0fに変更
カウンターできるものはできるものに、出来ないものは出来ないものに。
【防衛拠点】が0fになったらカウンターの価値がまたぐっと下がってしまうのでよかったです。

・「違法損保機」の「カードを一枚引く」効果を「ドローストック+1を得る」に変更
これで一発無限コンボがまた封印されました。
あらたな積極的な使い方はあるのか?!


では、追加カードレビュー。

UA_135 - Summon
●蜜壺蟻 / Honeypot Ant [ 4(-) / 200f ]
蟻の召喚
Atk=1 , HP=1
蜜壺蟻が場から離れたとき、あなたはXHPを得る。Xは場に存在する蟻の数と等しい。

蟻が少なすぎたので増やされたクリーチャー。
大量に出して【民族の繁栄】をするにしても、能力的にはかなり弱いですね。
あとは【軍隊蟻】がどれだけ引けるか、そして【女王蟻】を出すまでの勝負。
蟻デッキを組むにはやはり序盤が勝負でしょうか。


UA_136 - LandSpell
○エネルギー変換機 / Energy Converter [ 5(炎) / 100f ]
・結晶射出[ 2MP / 300f ]
対象のあなたのクリスタルを完全破壊する。エネルギー変換機は対戦相手に2点のダメージを与える。
・呪詛暴走[ 2MP / 50f ]
対象のあなたのランドスペルを完全破壊する。エネルギー変換機は全てのクリーチャーに2点のダメージを与える。

んー、どうなんでしょ。パッと見何かなあ。
意図は分かるのですが、バーンがより強力になってしまうっぽいのがいただけない
というのが個人的な感想です。
やってみるとそうでもないのかな?


UA_137 - LandSpell
◎痛覚共有 / Pain Sharing [ 5(闇闇) / 300f ]
ターン終了時に、対戦相手にX点のダメージを与える。Xはこのターンの間に痛覚共有の上に配置されたクリーチャーに与えられたダメージの合計と等しい。

これは面白そうなランドスペルが出てきました。
重量級ランドスペルでかつ、クリーチャーが関与するのでうまく使うには難しそうです。
腕の見せ所でしょうか。
壁に【ファイアスターター】や【プラズナー】とか?
効率悪そうw


UA_138 - Summon
●茶羽コックローチ / Blattella Germanica [ 4(闇闇) / 400f ]
コックローチの召喚
Atk=1 , HP=1
飛行
茶羽コックローチが場に出たとき、あなたの墓地にあるコックローチうち一番上にあるものを場に出す。

UA_139 - Summon
○黒コックローチ / Periplaneta Fuliginosa [ 5(闇闇) / 400f ]
コックローチの召喚
Atk=2 , HP=2
黒コックローチが場に出たとき、あなたの墓地にあるコックローチうち一番上にあるものを場に出す。

何度も出てくるクリーチャー。でも、基本性能は非常に弱いです。
弱いくせに重いので増えまくるまで、序盤をどう耐え切るかがポイントか。

|

« 6/5対戦記(ver1/68) | トップページ | 6/6対戦記(ver1.69) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6/5対戦記(ver1/68) | トップページ | 6/6対戦記(ver1.69) »