« 7/23対戦記(ver1.75) | トップページ | 7/24対戦記(ver1.75) »

2006年7月24日 (月)

修正論議

たまには雑記でも。
ABCD BBSのバランス是正スレからjxtaさんが本スレにて提案した修正案が議論を呼んでいます。

 溶岩巨人 400f → 450f
  MP残して攻撃 → バトルスペル使わなければ、召喚 というのを阻止
 バンニップ 200f → 0f
 水神の下僕 5(水)→5(水水) or 450f→500f
  1ターン遅らせ
 ヤマト 800f → 450f
 招き猫 0(光) → 2(-)
 火炎放射 3(炎炎) → 1(炎炎炎)
 寡黙なプラナリア ステルス付与
 大盾 全てのブロッククリーチャー → あなたのクリーチャーは全て
 放射能除去、凍てつく波動 それぞれ-1MP

溶岩巨人という炎のメインクリーチャーの修正については
かなり慎重になるべきだと思います。
今の環境を大きく変えるわけですから、
他の属性についても同じくらいのディスアドバンテージが加わるならまだしも、
炎だけというと、どうでしょうねえ。
それほど炎が突出して強いというわけでもないですし。

後、水神の下僕の修正ですが、これも、微妙なところだと個人的には思います。
理由は、これが風神の下僕より強いからこそ、
水のビートダウンが苦手な風属性に勝負出来るくらいになっているからです。
当然バトルスペルでは超進化や緊急進化といった強力なものがありますし、
何といっても0fクリーチャーがいますから、
この修正をしてしまうと今水でメインに使われているクリーチャーが格下げとなり、
アクアプレスの格が低くなりそうです。

この二つの修正がある場合、本スレにもありますが、
他の属性が相対的に強化されることになり、特にホードが弱体化を受けないのはどうか
という議論になるわけです。

大和やバンニップ、寡黙なプラナリア、火炎放射の修正は面白そうです。
大和やバンニップはそれでもコストが大きいので気軽に使うことができないですが、
特にバンニップの0f化はこれに特化したデッキが日の目を見る可能性を作ることになるように思います。
火炎放射は中盤のテンポアドバンテージを稼ぐため、
焼却は大型クリーチャー除去というすみわけができそうですね。
寡黙なプラナリアもステルスになれば、
ソーサリーさえあればほぼ無敵クリーチャーとなるので、
フィニッシャーらしいフィニッシャーに格上げされ、
コントロール系のデッキで見かけるようになるでしょう。

大盾はこのくらいにすると使われることもあるでしょうか。
結局はクリーチャーの数に比例した効果なので、構築戦ではあまり使われないかもしれないです。

招き猫、無属性になれば水で詠唱ロックとか作れるかもしれないので
なかなか目が離せなそうです。

放射能除去と凍てつく波動は...効果が微妙だからなあw
これとのコンボカード自体が追加されないとしかたないかも。

と、本スレと大して変わらない意見が多いですがw
溶岩巨人と水神の下僕を変えるなら、
他の属性もメインクリーチャーを修正するくらいの
大掛かりな修正があるべきだと、個人的には思いますね。

あ、ジェニーハニバーはなぜ6MPなんでしょう。
能力的には潜水兵の方が(今のところ)強そうだし、5MPでいい気が...

まあ、どうなんでしょw

|

« 7/23対戦記(ver1.75) | トップページ | 7/24対戦記(ver1.75) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/23対戦記(ver1.75) | トップページ | 7/24対戦記(ver1.75) »