« 第8回大会対戦記8 | トップページ | 9/1対戦記(ver1.77) »

2006年8月29日 (火)

奇数デッキちょっと考察

奇数環境で大きく光るのが2つ。


  1. カウンターが無い
    水の主力カウンターが【呪文停止】以外全て禁止。
    ということはコンボデッキも今ならいける!!!
    パーツが偶数拘束でなければ...

  2. 除去が極端に少ない
    主に闇の主力の除去、そして炎の主力の除去です。
    後地味に【因果応報】も。
    ということはクリーチャー戦になった場合大物出したもの勝ちに
    なる可能性があります。
    それか、飛行やブロック不可能などの相手本体に通す能力が
    大きく勝負に響きそうです。

バランスを考えて、オールマイティに戦えるのは
きっと水ビートダウン、ややフィッシュよりというところかなあ。
【潜水兵】を飛ばせばアンブロッカブル、
【呪文停止】によるアドバンテージとコンボ引き伸ばし耐性、
そしてフィニッシャー【飛行亀】。
いざというときの【霊魂逆流】。

しかし、光も負けては無い。
【空歩兵】や【天使の下僕】【多脚天使】に【双頭のプラナリア】と
飛行クリーチャーは超1級。
後は序盤を耐えしのげばビートダウンだったら
かなり勝てるのではないでしょうか。
【カーレンの見えざる靴】【説得】というお決まりのコンボも使えます。

何と、普段クリーチャー勝負では弱い色が
クリーチャーデッキでアドバンテージをとりそうな環境になっているようです。

もちろん、先ほど述べたようにコンボデッキも結構楽しい。
空想物体とか緊急招集とかターボメテオとか。
カウンターが無い分、当たって終了というデッキが少ないですし。
ただし、緊急招集とかターボメテオは(ターボといいつつ)遅いので
序盤をどう耐えるかが勝負の鍵となりそうです。

後はランドスペル系。
減速三本足とか、防衛拠点とか。
吸魂円陣はうまく使えれば最強でしょう。
この辺はあまり試してないので略w

最後にフィールドロック。
lisztさんの大会デッキを参考にレシピを変えればまあまあいけそうです。
平和な世界、護巫女、専守防衛がアウトなので、戦意喪失あたりに変更...
でも近いレシピにするには微妙に他が足りないかもw

という感じで、今日も(ドラフトと奇数デッキなので)対戦記はおやすみです。

ちなみに3000戦目はSpANKさんとのドラフト1戦目でした。
バッチリ勝ちましたよー、ドラフトなのにホードでwww

|

« 第8回大会対戦記8 | トップページ | 9/1対戦記(ver1.77) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回大会対戦記8 | トップページ | 9/1対戦記(ver1.77) »