« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

諸事情

により、対戦記はお休み。
再会予定は未定です。

これからは今までほどたっぷりとは時間取れないかも...
ver1.80レビューもしてないし...

対戦は続ける予定ですので、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2006年11月23日 (木)

11/23対戦記(ver1.80)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆ランドスペルバーン
自分:スーサイド
結果:負け(10ターン)

《カーレンの見えざる靴》が張られ、嫌な感じ。
こちらも属性一つのまま【水晶の髑髏】を張っただけで手札がこぼれていく。
そんなことをしている間に《エネルギー変換機》《防衛拠点》とそろってしまい、ほぼ終了。
ようやく2属性目がきて【幽霊鮫】を一応出してみるも当然即《説得》で、投了。
*******************************************************************
2戦目
相手:☆堕天使
自分:リアニメイト
結果:勝ち(13ターン)

事故で5枚スタート。
しかし、何とか2ターン目に【軍縮協定】を撃ち、相手のクリーチャーを吹き飛ばす。
場に現れた《奇形骨格》も【違法融資機】から【突然死】を引き、何とかセーフ。
続くクリーチャーも運よく【突然死】。
後はダブルドローに任せて、
【煮え立つプラナリア】や【首無しプラナリア】をリアニメイトしまりで、勝負あり。
*******************************************************************
3戦目(違う方)
相手:コックローチデッキ
自分:スーサイド
結果:勝ち(7ターン)

相手が事故っている間に死亡水晶×2で【腐肉象】【幽霊鮫】と展開。
コックローチが捨てられ一気に舞い戻ってくる前にクロックを回す...
といってもスーサイドダメージと同じくらいだけどwww

しかし数は相手が多くてもクリーチャーサイズは圧倒的にこちらの方が上。
【ジャージーデビル】×2を追加し、【首無しプラナリア】で手札を飛ばす。
徐々にブロッカーを排除し、そのまま勝利。
*******************************************************************
4戦目
相手:☆バーン
自分:アクアプレス
結果:勝ち(13ターン)

事故で5枚スタート。
何とかクリスタルを引いて、何と【オゴポゴ】×3!!!
相手の手札を捨てつつこちらは【水神の下僕】でドローを加速する。
《全てのクリーチャーを完全破壊する》で一気にリセットされるが、
さらにクリーチャーを召喚。
これも《車爆弾》で除去される。
しかし、3体目の【ジョニー・ハニバー】に対しての《車爆弾》を
ようやく引いてきた【呪文停止】で止めて、保険で【支援狩り】をつけてフィニッシュ。
*******************************************************************
5戦目
相手:スーサイド
自分:炎速攻
結果:勝ち(7ターン)

死亡水晶から《腐肉象》《奇形骨格》と思いっきりスーサイド。
こちらも【砂漠の前線基地】【赤国エージェント】とダメージレースについていく。
《紫鏡》でブロッカーのエージェントが予想通りやられるが
【火炎放射】で《奇形骨格》を返り討ち。
そして【好戦的な鶏】が殴りにかかる。

《腐肉象》が追加されるが【車爆弾】で1体除去。
【不死鳥の雛】を追加したがこれは《ロボトミー殺人事件》で持っていかれる。
しかしぎりぎりHP2だった相手は鶏の攻撃をブロックせざるを得ず、
【突撃兵】の貫通で《腐肉象》を突破し勝利。

激しいダメージレースは【車爆弾】等の除去がある分若干こちらが有利だったか。
《怒りの代償》4枚入っていたが、引かなかったらしい。危ないw
*******************************************************************
6戦目(違う方)
相手:☆ハナアルキ
自分:ハナアルキ
結果:勝ち(8ターン)

ハナアルキ自体は少なかったがこちらが先に出し有利な展開。
相手の《キンニクハナアルキ》や《メガロハナアルキ》でパワーアップした5/6【トビツキハナアルキ】が蹂躙。
途中相手の2体に《メガロハナアルキ》のパワーアップがかかりそうだったが、
【霊魂逆流】をしたら、焦って(?)突撃してきたので強いワントップハナアルキで撃退。
ようやくこちらのハナアルキたちを引いてきたが、
すでに5/6が最強状態であまり意味は無く、勝負がついた。
*******************************************************************
7戦目
相手:ビートダウン?
自分:炎速攻
結果:勝ち(3ターン)

相手が事故で終了5枚スタートで3ターンで鉱1枚のみ。
*******************************************************************
8戦目
相手:☆乱気流デッキ
自分:アクアプレス
結果:勝ち(9ターン)

《コクワガタ》×3対【オゴポゴ】【水神の下僕】。
2/1の攻撃をスルーしていて不穏に思いつつ、クロックをまわす。
《放射能除去》ときてようやく《乱気流突撃》待ちだったのかと理解。
これをぎりぎりに【呪文停止】して、相手の《乱気流突撃》で9点ダメージを負うも、《コクワガタ》全滅。
後は【粘液射出】で《飛行子猫》を葬って、
ブロッカーを【呪文停止】し、かたくクロックをまわして勝利。
*******************************************************************
9戦目
相手:詠唱ロック
自分:バーン
結果:勝ち(11ターン)

《減速技術》《ガンギエイ》と並び、これはやばい。
しかし、延ばされながらも【劣化マグネシウム弾】や【手榴弾】を撃ち込む。
【短距離弾道ミサイル】ファストキャストも延ばされたが、
こちらのHPが《ガンギエイ》クロックに削られるより先に
《減速技術》に使うHPがなくなって、カウンターもされずバーンが炸裂し、勝利。

2枚目、3枚目の《ガンギエイ》が出てたら負けてた。
*******************************************************************

| | コメント (0)

第9回大会対戦記(round2,Lazyさん)

恐怖リーグ2戦目はLazyさん。

お互いの都合もありぎりぎりの対戦となってしまいました。


------------------------------------------------
第1戦
【メカハナアルキ】と【プラズマ射出】で《閉ざされた裏門》を破壊。
しかし2ターン目には《防衛線》が2枚張られ、
3、4ターン目には《閉ざされた裏門》連続召喚。
ほぼ攻撃するすべを失ったこちらに対し、あとは余裕で《エネルギー変換機》を並べる。
そして《短距離弾道ミサイル》《手榴弾》なども手伝って、
クリーチャーを並べるも壁を突破できず、もはや抵抗不能で投了。

結果:負け(11ターン)
------------------------------------------------
第2戦
【オゴポゴ】【メカハナアルキ】と展開するが、
2ターン目には《閉ざされた裏門》《防衛線》とそろっており、すでにお手上げ。
《エネルギー変換機》も出てしまい、あとは相手のコントロールの上で踊らされる。
【オゴポゴ】も【タキタロウ】も《火炎円陣》や《エネルギー変換機》の前には無力で、
そのまま焼かれて終了。

結果:負け(ターン)
------------------------------------------------
ということでランドスペルバーン3連戦という何とも...な大会でした。
個人的にランドスペルバーンが嫌いなので使わないという縛りをかけたわけですが、
やっぱり無理でした。
というか《ジャージーデビル》にも勝てないか...
ダメじゃん。

| | コメント (0)

11/22対戦記(ver1.80)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆ハナアルキ
自分:アクアプレス
結果:引き分け(7ターン)

相手が虹のクリスタルを並べる中ゆっくり【オゴポゴ】【水神の下僕】と展開していると
《メガロハナアルキ》《キングハナアルキ》と出てしまう。
間違って(?)《トビハナアルキ》で飛んでしまったため【タキタロウ】が止まらずに、
序盤のダメージもあって、何とか引き分けに持ち込んだ。

《メガロハナアルキ》だと【空想の鏡】使いにくいなー。
*******************************************************************
2戦目
相手:☆空想物体
自分:スーサイド
結果:途中切断(4ターン)

2色クリスタルを順調に並べ予想通りの《掘り返し》から《空想物体》。
こちらはゆっくりと3ターン目に【幽霊鮫】。
ターン終了間際のクリーチャー詠唱もしけてしまい、攻撃を受ける。
【突然死】【紫鏡】とそろっているが、どうなるか...というところで途中切断。
*******************************************************************
3戦目
相手:☆ランドスペルビートダウン
自分:スーサイド
結果:勝ち(6ターン)

相手が属性事故。
風2属性そろわず、《タスマニアデビル》も《有袋類の化身》も出ず。
そんな中【腐肉象】【幽霊鮫】等で殴って終了。
*******************************************************************
4戦目
相手:☆円陣ビートダウン
自分:炎速攻
結果:勝ち(13ターン)

2回引きなおしで5枚スタート。
今度はクリスタル過多で、
【砂漠の前線基地】【溶岩巨人】【好戦的な鶏】以外クリスタルばかり引く。
【突撃兵】や【赤国エージェント】なども並べるが《天使の下僕》と鶏が相討ちし、
地上に《白熊》が3体(!!)並んでしまい、膠着状態。
しかし、【不死鳥の雛】を引き、3点クロックが回り出す。
結局これを止めることができず、最後は【火炎の鎧】を引いて【突撃兵】の貫通フィニッシュ。
*******************************************************************
5戦目
相手:ハナアルキ
自分:バーン
結果:負け(6ターン)

相手のハナアルキに対し《火炎放射》や《車爆弾》で対処していくが、
所詮クリーチャー除去の方が少ない。
しかも引くのもクリスタルばかりで、直接火力も【手榴弾】1枚のみでは勝てるわけも無しw
*******************************************************************
6戦目
相手:☆円陣コントロール
自分:クリスタル破壊
結果:勝ち(10ターン)

クリスタル1枚で事故気味だが、損害水晶だし、1ターン目に【クリバウ】ができるからいっか...
と思ったら相手はネバダ砂漠の石。
1ターン目にクリスタルでないじゃんw

しかし、2ターン目に【クリバウ】×2、そして【水神の下僕】【溶岩巨人】と続く。
巨人パンチに対するMPを拘束しつつ下僕でクロックをまわしていく。
相手は《漢方薬》で粘るが、こちらもさらに【結晶破壊】で追い討ちをかけていく。
《吸魂円陣》が出るがすでに手遅れで、最後は死亡水晶で自爆フィニッシュ。
*******************************************************************
7戦目
相手:☆ターボ再構築
自分:ストンピィ
結果:勝ち(10ターン)

《結晶の知識》×2からいきなりの《召喚禁止》。
しかしこちらもなかなかクリーチャーを引かず、ようやく【竜巻巨人】を召喚。
これはすぐに《キャトル・ミューティレーション》が飛んでくる。
【ノコギリクワガタ】や【密林の探索者】とクリーチャーを増やしていくが、
《巫女の祝福》で粘られながら《再構築》をまわされる。
しかし《スタン改》が飛んでこなかったため、
【超進化】を叩き込み、最後は数の暴力でライブラリアウト直前に勝利。
*******************************************************************
8戦目
相手:バーン
自分:パーミッション
結果:負け(11ターン)

バーンカードにカウンターを使ってしまい、
1度は防いだが2回目の《エネルギー変換機》が通り投了。
*******************************************************************
9戦目
相手:詠唱ロック
自分:フィッシュ
結果:勝ち(7ターン)

【ニューネッシー】【水神の下僕】と展開するこちらに対し、
《時の旅猫》《ガンギエイ》。
ヤバイじゃん、ネッシーw
【オゴポゴ】も入ってるんですがwww

しかしこちらの【呪文停止】も凶器に早変わり。
相手も《減速技術》や《時の減速》まで出して勝負をかけるが
最後は【水神の下僕】の飛行クロックが回り、
《詠唱変換》を【支援狩り】でカウンターし、最後のHPを削りきった。
*******************************************************************
10戦目
相手:ストンピィ
自分:リアニメイト
結果:勝ち(15ターン)

死亡水晶から1ターン目に【軍縮協定】が飛び、3体ものクリーチャーを墓地へ送る。
そして【盗掘】で【ヴァルキリー】召喚w
相手もトップデッキから《コーカサスオオカブト》を召喚する。
連続でクリーチャーを引いてくる相手は《風神の下僕》も召喚。
こちらはまたもや【盗掘】から《飛びコアラ》。
【突然死】と《緊急進化》の勝負となったが、
うまくかわされ【突然死】で《緊急進化》を止めることはできなかった。

適度な攻防が続く中、いよいよ【煮え立つプラナリア】が墓地へ。
そして【クローニング】で場を一掃。
しかし【死体発掘】が余計で相手に《風神の下僕》が現れる。
《緊急進化》でプラナリアがやられ、しかも先手つき《竜巻巨人》に《竜巻巨人》、
《ヴァルキリー》と並んでピンチ。

しかし、無防備な巨人が攻撃して【煮え立つプラナリア】で退治し、
先手つきは【突然死】で対処すれば、一気に形勢は逆転。
《緊急進化》や《超進化》は引かれずに、プラナリアが殴りきった。
*******************************************************************
11戦目
相手:☆ハナアルキ
自分:スーサイド
結果:負け(6ターン)

【幽霊鮫】が《呪文停止》され、2体目の【幽霊鮫】や【ジャージーデビル】を召喚するが、
相手はすでに《キングハナアルキ》。
《メガロハナアルキ》も《呪文加速》でキングの前に現れ、超パワーアップ。
《トビハナアルキ》で飛行が付けば、すでに手は付けられず投了。
*******************************************************************
12戦目(違う方)
相手:☆守備型ランドスペルビートダウン
自分:スーサイド
結果:勝ち(7ターン)

1、2ターン目と死亡水晶で【腐肉象】【幽霊鮫】。
さらに【怪人マッド・ガッサー】と続く。
相手は《防衛線》を張りつつ《閉ざされた裏門》を出すが、飛行クロックが回る。
《仮想塹壕》で地上は固められるが、最後には【首無しプラナリア】×2を詠唱。
《有袋類の化身》もすでに遅く、勝負あり。
*******************************************************************
13戦目
相手:追撃風
自分:炎速攻
結果:負け(11ターン)

相手が《飛行子猫》《音速猫》《コーカサスオオカブト》と軽いクリーチャーを展開する中、
クリスタルばかりの手札で3ターン目【車爆弾】スタートのスロースタート。
しかも《胡散臭いビッグフット》でかわされる。
【無謀な格闘家】や【不死鳥の雛】【突撃兵】と頑張るが、
《追撃風》も出ていた相手の序盤のクロックの遅れは取り戻せず、
《風神の下僕》の飛行クロックで負け。

【火炎の鎧】で引き分けに持ち込みたかったが引かなかったw
*******************************************************************
14戦目
相手:フィッシュ
自分:クリスタル破壊
結果:勝ち(7ターン)

《宿り貝》への【霊魂逆流】が《呪文停止》され、ショック。
こちらも【クリバウ】で相手のスピードを緩める。
2番手《水神の下僕》が出るがこちらは【溶岩巨人】2体。
ブロッカーがいないうちに一気に攻勢をかけ、
ブロッカー《タキタロウ》が現れる前にすでにHPが少ない相手の場の弱いクリーチャーを一掃して勝負あり。
*******************************************************************
15戦目
相手:☆南極デッキ
自分:バーン
結果:負け(8ターン)

《加速技術》《ジェットペンギン》や《護巫女》など怪しいなあ、と思いながらも
【手榴弾】や【劣化マグネシウム弾】で徐々に削る。
...
と思ったら出た!《ニンゲンの南極》。
《加速技術》でHP1に調整され、《ミステリーサークル》も出てしまい回避不可能。
*******************************************************************
16戦目
相手:突撃速攻
自分:パーミッション
結果:勝ち(22ターン)

序盤の《怒り狂う上官》《好戦的な鶏》《溶岩巨人》の黄金パターンを
【呪文停止】×2【精神抹消】で防ぐ。
そして更なるクリーチャーもカウンター。
出てきそうな上官をもう一度【呪文停止】して、最後に引きましたは【呪文遮断】。
一気に相手のクリーチャー3体をカウンターでき、ほぼ勝負あり。
あとは【魔の三角領域】を張って、適当にクリーチャーをカウンター。
【弐周目】が決まったところで相手が投了。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

第9回大会対戦記(round2,七誌さん)

Meiさんとは対戦できずに不戦勝扱い。
ということでやってきました予選第2ラウンド。
何と組み合わせは強豪七誌さん、Lazyさん。
うわー、何これ。

第2ラウンド1戦目は七誌さん。
ABCD界では知らない人はいない、七誌@ABCD(仮)管理人。
勝率は脅威の69%台。
そして、鋭いメタの考察、そして華麗なプレイに裏打ちされた輝かしい大会戦歴。
びくびくしながら、対戦しようとチャットに入ったら...

「今日は対戦できないことをお伝えしようとして待っていたのですよー」

とのこと(11/6)。

しかし、時はついにやってきた。11月8日。
21時前までサーバーをたてていたが(大会限定にはしていなかった)、誰も来ず。
一度サーバーを落として、少したってサーバーを見ると「ひでさん待ち」の七誌さんサーバーが。
びくびくしながら、とりあえず風呂に入るw
出ても当然サーバーは落ちていなかったので、意を決してチャットロビーへ。
そしてサーバーへ突撃。

------------------------------------------------
第1戦

1度引きなおして、クリスタル2枚に【オゴポゴ】【水神の下僕】となかなか。
2,3ターン目に【オゴポゴ】、4,5ターン目に【水神の下僕】を召喚し、イケイケムード。
相手は《三本足の玩具人形》に《エネルギー変換機》といった典型的なランドスペルバーン。
しかし、微妙に3体の場のクリーチャーをずらして攻撃といった
姑息な手段で、次ターンの50f直前を狙っていた、
相手のランドスペル攻撃のタイミングを外しw
微妙に次ターンの攻撃可能フレームに間に合ってしまう。
そしてトドメは【手榴弾】。

結果:勝ち(7ターン)
------------------------------------------------
第2戦

クリスタル予告あわせて4枚、【タキタロウ】2枚とこれはなかなか後半が楽しみな感じ。
【オゴポゴ】を出すが早速《三本足の玩具人形》《エネルギー変換機》がそろってしまう。
相手が【オゴポゴ】をランドスペル攻撃で倒しにたので先に【車爆弾】でドローをゲットw
とかしつつ、《猛火の化身》のアクティブイン攻撃も【魔力変換】で【タキタロウ】召喚のMPに。
そしてちゃんとクリスタルを引いて7MPそろったところで2体目の【タキタロウ】【短距離弾道ミサイル】。
相手はクリスタル攻撃でダメージを与えてくるが、いよいよミサイル発動ターン。
相手のHPは10。
都合よく【手榴弾】を持っていたため、《生命変換》などの危険もなく勝利。

結果:勝ち(11ターン)
------------------------------------------------
うーん、引きが良かった。
1枚挿しの【魔力変換】とか【短距離弾道ミサイル】をズバッと引いて見事活躍しまくり。
相手の引きも良くなかったようで4枚挿しの《車爆弾》を(2対戦で)1枚も引かなかったらしいです。
------------------------------------------------

第9回大会対戦記 | | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

第9回大会対戦記(round1,vsアモさん)

やってきましたFTT第9回大会。
今回はまたもや環境限定大会で、基本クリスタル以外はUAのみという限定された環境です。
カードパワーにあまり影響のない
ハナアルキ、ランドスペルバーンが猛威を振るう中
一体どんなデッキが頂点に上り詰めるのでしょうか?

2回のビギナー出場権利期間が終わり、強制的にオープンへエントリー。
七誌さん、clockさん、Lazyさんといった名を挙げるまでもない強豪に
予選からぶち当たり...ませんでした(少なくとも第1ラウンドは)w

さて、1週間という限られた期間で行われた予選第1ラウンド。
仕事の関係上、夜遅くに対戦するのが困難&週末も結構色々と予定があって
対戦自体が危ぶまれていましたが、何とか木曜日の夜にアモさんと第1戦。

------------------------------------------------
第1戦

こちらがクリスタル事故で5枚スタート。
しかもさらに属性事故。水のクリスタル3枚なのに炎のカードばっかり...
そして相手は非常にも《赤国エージェント》。
こちらの【水神の下僕】も《車爆弾》で即焼かれ、
さらに《短距離弾道ミサイル》も詠唱されこれは終わった...
と思ったところでネットワーク切断。
おそらく負けていたと思います。

結果:途中切断(5ターン、たぶん負け)

しかもここで急用ができ、一度対戦を中断してしまいました。
アモさんご迷惑をおかけしてすみませんでした。
------------------------------------------------
第2戦

その日の夜にまた対戦する機会がちょうどあり、ちょっと時間を置いて第2戦スタート。
今度はきちんと回っている。
【メカハナアルキ】【オゴポゴ】×3との激しい嫌がらせ。
相手も《赤国エージェント》を召喚するが、
今度はドローストックを温存しクロックを減らす。
しかし相手の《プラズマ射出》×3や《手榴弾》×2などで
こちらもなかなか攻め手を得られない。

そんな中、【車爆弾】を引いて唯一のブロッカー《赤国エージェント》を破壊。
一気に攻勢に転じる。
更なる《赤国エージェント》も2体ブロックで《火炎放射》をかわし、
きっちり相討ち。
こうなってしまえばこちらのもの。クリーチャーを順調に追加してビートダウン完了。

結果:勝ち(9ターン)
------------------------------------------------
第3戦

初期手札が鉱2枚を含むクリスタル5枚だったがドロー予告が【タキタロウ】だったので続行。
初期手札の【オゴポゴ】、ドローから【水神の下僕】とうまく展開し、
相手の《赤国エージェント》の影響を受けずにドローを重ねていく。
そしていよいよ【タキタロウ】。
しかし相手も《猛火の化身》を何と2体も召喚。
【メカハナアルキ】を囮にしたり【魔力変換】で粘りつつ場は膠着状態。

ここで相手は《短距離弾道ミサイル》。今のこちらのHPは9。
【赤国エージェント】を突撃させ【プラズマ射出】込みで4/4《猛火の化身》を倒す。
そして【オゴポゴ】と《赤国エージェント》を相討ち。
場には4/4《猛火の化身》と【タキタロウ】。
相手のHPも9。
ドロー【手榴弾】後1足りない...

とここでミサイル発動ターンのドローが【手榴弾】!
当然【タキタロウ】が攻撃すれば相手はカウンター攻撃。
無事【手榴弾】がミサイルより先に発動し、ギリギリ勝利。

結果:勝ち(11ターン)
------------------------------------------------
光炎のパワーカードを大いに使ったアモさんのバーンビートダウン風味。
《短距離弾道ミサイル》や《猛火の化身》《車爆弾》と
比較的MPの高いカードが多そうな感じがした。
その代わり結構クリスタル量はあるんだろうなあ。
バーンカードにクリーチャーが殲滅される展開だと一気に勝負を決められてしまいそう。
------------------------------------------------

| | コメント (0)

2006年11月19日 (日)

11/19対戦記(ver1.80)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆ランドスペルバーン
自分:テンポビートダウン
結果:勝ち(17ターン)

事故で5枚スタート。【クリバウ】や【結晶崩壊】で出だしをとめるが、
《エネルギー変換機》が出てしまい、ピンチ。
【オゴポゴ】や【水神の下僕】【溶岩巨人】が焼かれ、
《減速技術》《ニンゲンの南極》の恐怖が...

しかし、HPの調整がうまくいかず、HP5のところで【タキタロウ】が登場してしまい、
勝利になってしまった。
*******************************************************************
2戦目
相手:アクティブスパーク
自分:ストンピィ
結果:負け(6ターン)

こちらが3ターン目からの遅い展開の手札のところ、
《砂漠の前線基地》《宿り貝》《劣化マグネシウム弾》×3。以上。
*******************************************************************
3戦目
相手:再構築コックローチ
自分:アクアプレス
結果:勝ち(8ターン)

《再構築》系を引かれる前に【オゴポゴ】や【水神の下僕】、【ジェニー・ハニバー】がそろう。
飛行クロックや【呪文停止】で徐々にダメージを与える遅い展開だったが、
相手の引きが弱く、《再構築》ラッシュに間に合った。
*******************************************************************
4戦目
相手:炎単ホード
自分:追撃風
結果:負け(8ターン)

クリスタルばかりで1/1クリーチャーのみというひどい状態の中、
【超進化】×2で《溶岩巨人》を倒すが、
《猪の戦闘バギー》に毎ターンクロックをまわされる。

こちらも【追撃風】でクロックをまわそうとするが、
結局《手榴弾》×2で相手のHP3のところでもっていかれ、負け。
*******************************************************************
5戦目
相手:カウンター再構築
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:勝ち(10ターン)

クリスタル無し【魔力幇助】のみの5枚スタート。
相手が《再構築》系を引かないままこちらは何とかクリスタルを引く。
【溶岩巨人】がカウンターされたり《呪文停止》されるが、
【劣化マグネシウム弾】×2【手榴弾】が通る。
あとミサイル一発のところで《再構築》直後を狙って【短距離弾道ミサイル】。
これはタイミングが合わずに《呪文停止》されてしまう。
しかし、次ターンに《再構築》を詠唱し、MPが3のところ再度のミサイルが通り、勝負あり。

*******************************************************************

| | コメント (0)

FTT第9回大会デッキ

FTTもいよいよ終わり、裏FTTを残すのみとなる今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

決勝に残っている方2人に予選で(なぜか)勝った
私の第9回大会デッキを紹介しますー。


デッキ枚数:40枚
CRC:0CC29920

炎:12 水:11 無:17

Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 10枚:25.00%)
5 炎のクリスタル
5 水のクリスタル
4 炎水鉱
Summon - 16枚:40.00%
2 タキタロウ
4 水神の下僕
3 メカハナアルキ
4 オゴポゴ
3 赤国エージェント
Sorcery - 9枚:22.50%
3 プラズマ射出
4 手榴弾
1 短距離弾道ミサイル
1 車爆弾
BattleSpell - 1枚: 2.50%
1 魔力変換


見ての通り器用貧乏デッキw
というか《ジャージーデビル》にどうやって立ち向かうつもりだったのだろうw
大会では闇と当たらないどころか、
全員ランドスペルバーン(!!)だったので関係なかったですが。

コンセプトはハンドアドバンテージを得まくるデッキw
ドロー補助の【水神の下僕】や【手榴弾】【車爆弾】に、
間接的に相手のドローストック使用を止める【赤国エージェント】。
そして【オゴポゴ】での手札破壊。

そしてドローをしまくって、クリスタルを並べ、
【タキタロウ】や【短距離弾道ミサイル】につなげ、フィニッシュ!

...とかなり運に左右されるデッキですw

前バージョンでは【構造欠陥】が入っていたのですが、抜いてしまい、失敗でした。
当たるのがランドスペルバーンばかりとは流石に思わなかったです。


確かに、メタはランドスペルバーンと闇を含むスーサイドと思っていました。
(じゃあ【構造欠陥】入れろよw)
ですが、調整でランドスペルバーンとあまり戦えずに放置した結果ですw
それで、運でアモさん、七誌さんに勝ってきたその運も尽き、
実力でLazyにはコテンパンにやられてしまいました。

うーん、残念。
まあ、闇スーサイドがきたらもっとひどかっただろうけどwww

ということで、これから毎日大会対戦記をアップ予定です。

| | コメント (0)

2006年11月18日 (土)

11/18対戦記(ver1.79,1.80)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆壁デッキ
自分:大型闇
結果:勝ち(9ターン)

《光の壁》に《天使装甲》がかかったり、
《葉巻型円盤》とあわせて《傾向と対策》がかかったりしたが、
【ロボトミー殺人事件】で強引に引き抜いて、
【幽霊鮫】【ジャージーデビル】の飛行部隊で押して勝利。
*******************************************************************
2戦目
相手:アクアプレス
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:負け(4ターン)

事故。《オゴポゴ》で2枚捨てられ、《水神の下僕》。
結局2つの炎属性がそろわず、追いつけそうもなく、投了。
*******************************************************************
3戦目
相手:アクアプレス
自分:ストンピィ
結果:勝ち(7ターン)

先手付き【ヴァルキリー】が《空間転移》されるも、代わりに先手付き【竜巻巨人】。
【超進化】をのせるお決まりのパターンで《クリッター》が出る前に勝負あり。
*******************************************************************
4戦目(違う方,ここからver1.80)
相手:ストンピィ
自分:アクアプレス
結果:勝ち(8ターン)

《音速猫》が現れ、押され気味になるが【オゴポゴ】から
【水神の下僕】×3【飛行亀】とこれでもかというほどのクリーチャー。
相手は4MPで止まってしまい、飛行は《ノコギリクワガタ》×2だけ。
バトルスペルの使えない飛行ブロッカー相手に、そのまま飛行クロックで押し切った。
*******************************************************************
5戦目
相手:ランドスペルバーン
自分:ストンピィ
結果:勝ち(7ターン)

《三本足の玩具人形》×2、《減速技術》とそろって、嫌な感じ。
しかし、肝心の《エネルギー変換機》がきたのは最後のターン。
すでに【竜巻巨人】×2【ノコギリクワガタ】【風神の下僕】と並んでおり、
そのまま押し切ってしまった。
*******************************************************************
6戦目(違う方)
相手:☆セルロイド板フィールドロック
自分:ストンピィ
結果:勝ち(7ターン)

【ヴァルキリー】2体が《戦意喪失》されるが、【超進化】で一気にダメージを与える。
《書かれた紙の下に置かれたセルロイド板》が計3枚出るが、
【竜巻巨人】や【ノコギリクワガタ】とどんどんクリーチャーを呼び出して、
普通にビートダウン完了。
*******************************************************************
7戦目
相手:スーサイド
自分:アクアプレス
結果:勝ち(8ターン)

2ターン目に《腐肉熊》が出るが、【オゴポゴ】がブロッカーに。
3ターン目に【空想の鏡】×2に対し《ジャージーデビル》。
1つが相手の詠唱前で1体ずつジャージーが互いの場に現れる。
相討ちしすると、《暗黒力》が《腐肉熊》に。
しかし攻撃の前に《不死骨格》が場に出てしまい、
クローンされた【不死骨格】と【オゴポゴ】の2体ブロックでお亡くなりに。
【水神の下僕】が《突然死》やられ、2体の《不死骨格》と《黒騎士》に相手は守られ
【タキタロウ】×2【ジェニー・ハニバー】×2といるのに膠着状態。
と思ったら、いきなりの投了。

...んー、ここで投了というのは、微妙?
《ロボトミー殺人事件》1発でひっくり返るし...
*******************************************************************
8戦目
相手:バーン
自分:炎速攻
結果:勝ち(2ターン)

相手が2回引きなおしてクリスタル0。即2ターンで投了。
*******************************************************************
9戦目(違う方)
相手:ビートダウン
自分:アクアプレス
結果:勝ち(7ターン)

《オゴポゴ》に対し【空想の鏡】。
しかしとりあえず【呪文停止】すると《猪の戦闘バギー》。
これをコピーで、こちらも殴る。
しかし相手は何と計3体の《猪の戦闘バギー》。
こちらは【水神の下僕】が《呪文停止》されるが、【タキタロウ】が何とか通り、
相手はどうしようもなくなったか、こちらのHPはあと6だったが、投了。
*******************************************************************
10戦目
相手:風単ホード
自分:ストンピィ
結果:勝ち(11ターン)

先手付き【ヴァルキリー】や先手付き【密林の探索者】等【竹林の加速機】が大活躍。
相手は《ヴァルキリー》や《竜巻巨人》を展開するが、不穏な《竜巻巨人》の攻撃は
先手付き【ヴァルキリー】でブロックし【支援盗み】!
と思ったら相手も何と《支援盗み》www
しかも攻撃側が先だから相手だけドローストック増えてるしw
戦闘自体は勝ったけど...

しかし先手が付く分だけこちらが有利。
我らが【竜巻巨人】も先手つきで召喚。
相手の《乱気流突撃》も2体ブロックや【プチ進化】で華麗にかわし、勝負あり。
*******************************************************************

| | コメント (2)

2006年11月17日 (金)

裏FTT

出たかったんですけど、色々と忙しくて
トーナメントだと止めちゃうと思って今回はパスですー。

いい感じでclockさんが勝ちあがって
SpANKさんとこのトトカルチョ当たるかもw
頑張ってくださいー、clockさん。

Desk on Deskなかなか波乱の幕開けな感じですねー。
多色ブームが来るか!
またまた目が離せませんね、ABCD。

| | コメント (0)

11/17対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:UA大会デッキ
自分:UA大会デッキ

決勝大会に出てる方との対戦なのでシークレットw
*******************************************************************
2戦目
相手:詠唱時間コントロール
自分:ストンピィ
結果:勝ち(9ターン)

いきなり【竹林の加速機】に《呪文停止》で不穏な滑り出し。
こちらは【カブトムシ】【竹林の加速機】先手付き【ノコギリクワガタ】と展開。
相手は4MP以降クリスタルが出ず、《オゴポゴ》2体(1体は飛行)。
【カブトムシ】と【流砂の渦蜘蛛】が墓地へ。
初めの【カブトムシ】が《詠唱変換》でやられるが、
代わって先手付き【ヴァルキリー】を追加。
【風神の下僕】も《呪文停止》されるが、6MPそろい、【竜巻巨人】を2体だして、勝負あり。
*******************************************************************
3戦目
相手:バーン?
自分:大型闇
結果:勝ち(6ターン)

2回引きなおしで《魔力幇助》のみ...
それに対してこちらは、
2ターン目から【ジャージーデビル】×2、【首無しライダー】、【幽霊鮫】と鬼回り。
んー、運で勝負w

事故おつでした。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

UA対戦記

ちょうど予選敗退した者同士のフリーでの大会デッキ対戦第2弾。
Kakkoさん。
もちろん許可は得ていますよー。

------------------------------------------------
光炎鉱からスタートを見て、あまりに重い
(【タキタロウ】【短距離弾道ミサイル】にクリスタル【プラズマ射出】)手札をリセット。
【メカハナアルキ】からスタートする軽快な手札をゲット。
相手は《槍兵》《年老いた教官》《赤国エージェント》《ヒューマノイドF型》等のビートダウン。
こちらは【プラズマ射出】や【車爆弾】でクリーチャーを焼いたり、
【水神の下僕】で一度引いてしまったドローストックを回復したり。
飛行クロックが回り、そして必殺【タキタロウ】。
3体ブロックで相討ちにされるがさらに2体目の【タキタロウ】。
流石にこれは耐えられず、勝利を収めた。

結果:勝ち(10ターン)
------------------------------------------------
Kakkoさんの手札には《猛火の化身》が2枚も。
結局7MPはたまらないという結論でした。
大会中も一度も出なかったそうです。
《プラズマ射出》が入っていないのか、
意外とクリーチャーが除去されなかったのが大きなポイントだったと思います。
特にこちらが《ヒューマノイドF型》を焼き、【水神の下僕】でクロックをまわせた、
そして終盤の【タキタロウ】につなげたのが大きかったです。
------------------------------------------------

| | コメント (0)

11/15対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:コックローチリアニメイト
自分:手札破壊ビートダウン
結果:勝ち(15ターン)

《軍縮協定》で一気にコックローチを捨てる作戦。
それに便乗してこちらは【手札抹殺】で相手の手札を空にw
相手のコックローチや《クローニング》をカウンターし、
一度【黒コックローチ】が通るが、【オゴポゴ】×2や【腐肉象】等で相討ち。
そして【腐肉象】を追加し、勝負あり。

というかカウンター全部引いたしw
*******************************************************************
2戦目
相手:アクアプレス
自分:ステロイド
結果:勝ち(10ターン)

相手が事故で5枚スタート。
【砂漠の前線基地】がいきなりカウンターされて不穏な感じ。
再度【砂漠の前線基地】【音速猫】【溶岩巨人】×2と展開するが、
相手は《ステルスの天女》《クリッター》《呪文停止》。
増殖しだすが、とりあえず犠牲が出ても少しでも攻撃を通す。
《津波》でようやくでた【溶岩巨人】も流されるが、
【手榴弾】×2で何とかギリギリ勝ち。
*******************************************************************
3戦目
相手:大型闇?
自分:猫デッキ
結果:勝ち(5ターン)

相手が事故で5枚スタート。
しかも属性事故で無色のクリスタルのみ。
そんな中3体の猫に【猫期】がかかって撲殺。
*******************************************************************
4戦目
相手:アクアプレス
自分:☆ランドスペルビートダウン
結果:負け(7ターン)

【竹林の加速機】【埋もれた聖域】【天使の下僕】【タスマニアデビル】といい感じで回っていく。
相手の《ニューネッシー》に打撃を受け《飛行亀》が出て一気にピンチ。
頼みの【メンデルの槍】もカウンターされ、ブロッカー【天使の下僕】も《呪文停止》。
【有袋類の化身】は来ないまま、《飛行亀》に殴られ負け。
*******************************************************************
5戦目
相手:☆フィールドロック
自分:突撃速攻
結果:勝ち(10ターン)

【怒り狂う上官】で殴る。【赤国エージェント】を展開するが、ドローストックがあるため1/2。
すぐさま《専守防衛》が飛んでくる。
しかし【突撃奨励】は最終的に計3枚。
途中【溶岩巨人】1発が6点。【猪の戦闘バギー】も5点と
《漢方薬》で増えた相手のHPを激しく削る。
いよいよ後1点のところブロッカー《寡黙なプラナリア》を【怒り狂う上官】×2で突破し、勝利。
*******************************************************************
6戦目
相手:バーン
自分:追撃風
結果:負け(8ターン)

クリスタル予告あわせて5枚じゃあしょうがないので引き直したら1枚。
で、結局ずーっと1枚のまま、焼かれて終了。
*******************************************************************
7戦目
相手:☆カーレンコントロール
自分:風単ホード
結果:勝ち(11ターン)

《カーレンの見えざる靴》《埋もれた聖域》をきれいに【現状復帰】で流す。
【コーカサスオオカブト】【竜巻巨人】と地上は固めて【風神の下僕】で攻撃。
《空歩兵》が出るころには【重装備】で5/5飛行が縦横無尽に飛び回り、そのまま勝利。
*******************************************************************
8戦目
相手:大会デッキ
自分:大会デッキ

別記事にて。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火)

11/14対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆ハナアルキ
自分:ステロイド
結果:負け(5ターン)

微妙に事故気味。【音速猫】【風神の下僕】と並べるも、
《ムカシハナアルキ》《トビツキハナアルキ》《キンニクハナアルキ》
そして《オオナゾベーム》と出てしまいすでにお手上げ。
後はされるがままで終了。
*******************************************************************
2戦目
相手:アクアプレス
自分:手札破壊ビートダウン
結果:負け(6ターン)

《複眼の梟》に【腐肉象】を《霊魂逆流》とテンポを奪われる。
さらに【オゴポゴ】とかのんきなことをしていると《飛行亀》登場。
【突然死】も闇属性が足りずに手札で腐り、飛行はまったくとめられず、完敗。
*******************************************************************
3戦目
相手:ステロイド
自分:9回大会デッキ
結果:負け(5ターン)

事故で5枚スタート。
相手は《魔力幇助》から《コーカサスオオカブト》。
こちらは事故りつつようやく3ターン目に【赤国エージェント】。
当然《超進化》で突破され、【タキタロウ】が出る前に
《コーカサスオオカブト》×2《竜巻巨人》とでて蹂躙され、完敗。

ということで3連敗。
自分の弱さを思い知らされた本日の対戦でした。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年11月13日 (月)

UA限定対戦(大会後)

ちょうど予選敗退したところでMeiさんとフリー対戦の機会があったので
Meiさんと大会デッキで対戦。
二人とも予選敗退でMeiさんに許可を得たので対戦記をアップ。

------------------------------------------------
どんなデッキかなー。と思ったら闇炎鉱。
んー、《ジャージーデビル》かあ。きついなあ。
こちらは若干事故気味。4MPあったから何とか回っているが、
【手榴弾】×2【メカハナアルキ】とぎりぎり。

相手が《怒り爆発》を間違えて攻撃済み《ジャージーデビル》にかけてしまうなど、
ミスもありつつ、こちらの方が【赤国エージェント】でのクロックで追い詰め、
ブロック強制させて、《サイバーテロ》コンボをさせない。
そのまま4枚目(!)となる【手榴弾】を引き、ズバッと勝利!

結果:勝ち(8ターン)
------------------------------------------------

| | コメント (0)

11/13対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:アクアプレス
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:勝ち(9ターン)

【魔力幇助】から【溶岩巨人】2体。
相手は《低速取得》に《オゴポゴ》2体、《水神の下僕》。
とりあえず捨てられる前に気合で7MPそろえて【短距離弾道ミサイル】を詠唱。
《呪文遮断》されるが、2発目の【短距離弾道ミサイル】。
そして【手榴弾】【劣化マグネシウム弾】と通り、
【溶岩巨人】特攻で一気にダメージを与え、相手のクロックが回る前に勝利。
*******************************************************************
2戦目
相手:大型炎
自分:大型闇
結果:勝ち(6ターン)

無色のクリスタルから【ジャージーデビル】【幽霊鮫】【首無しライダー】
【首無しプラナリア】と怒涛の回り。
相手の《煮え立つプラナリア》×2、《威嚇射撃》を落としたところで、
場には《溶岩巨人》のみで、相手が投了。
*******************************************************************
3戦目
相手:風単ホード
自分:吸魂円陣コントロール
結果:負け(9ターン)

【魔の三角領域】や【突然死】で粘るが、
《風神の下僕》でドローを加速され、《宝石収集人》が餌に、《竜巻巨人》が襲ってくる。
しかも《超進化》も【突然死】でつぶせず、一気にダメージを負う。
【吸魂円陣】もすでに遅く、そのまま押されて終了。
*******************************************************************
4戦目
相手:☆クリーチャー除去
自分:手札破壊ビートダウン
結果:負け(4ターン)

2回引きなおして事故...
4ターン目に《回復円陣》が張られ、これは相性悪い。
ということで即投了w
*******************************************************************
5戦目(違う方)
相手:小熊猫ショック
自分:手札破壊ビートダウン
結果:勝ち(8ターン)

《三本足の玩具人形》やら《突撃奨励》やらランドスペルが並ぶがクリーチャーがでてこない。
【腐肉象】【オゴポゴ】×2でこちらはどんどん押す。
相手の《突撃奨励》が手助けになって大ダメージ。

《タスマニアデビル》はカウンターするが、
ここで《希望の箱》。《小熊猫ショック》を引かれる。
しかし、《突撃奨励》×2のおかげで4/3【オゴポゴ】が激しい働きをして勝利。
*******************************************************************
6戦目
相手:バーン
自分:スーサイド
結果:勝ち(6ターン)

事故気味でピンチ...
何とか3ターン目にクリスタルを引いてそこから【腐肉象】【子鬼】×3と怒涛の展開。
相手の《三本足の玩具人形》《手榴弾》や《短距離弾道ミサイル》を超える勢いでクロックが回り、
焼かれずにそのまま押し切った。
*******************************************************************
7戦目
相手:ランドスペルバーン(?)
自分:突撃速攻
結果:勝ち(4ターン)

【怒り狂う上官】【猪の戦闘バギー】【溶岩巨人】×2と怒涛の攻撃。
相手は《忘れられた不発弾》×2を張って《手榴弾》《劣化マグネシウム弾》。
《希望の箱》も寸止めで発動せず、《派手に誤爆》の後上官攻撃で勝負あり。
*******************************************************************
8戦目
相手:停止ロック
自分:アクアプレス
結果:勝ち(18ターン)

《時の旅猫》が現れるが【寄生開始】で倒す。
【複眼の梟】が《呪文停止》され、次のクリーチャーもなかなか引かない。
《時の減速》×2は【対抗呪文】で却下。
【飛行亀】《霊魂退行》で戻された【複眼の梟】はカウンターされ、
【オゴポゴ】は《空想の鏡》でコピー。
しかしさらなる【水神の下僕】が通り、止める手段がないのか、相手が投了。
*******************************************************************
9戦目
相手:☆空想物体
自分:風単ホード
結果:勝ち(5ターン)

【魔力幇助】から【コーカサスオオカブト】【竜巻巨人】といい感じ。
相手も《漢方薬》から《空想物体》を墓地に捨て3ターン目に《掘り返し》。
しかし6/6だったので、【超進化】アタックで沈没してしまい、勝負あり。
*******************************************************************
10戦目(違う方)
相手:UA大会デッキ
自分:UA大会デッキ

別記事にて。
*******************************************************************
11戦目
相手:激怒ビートダウン
自分:手札破壊ビートダウン
結果:勝ち(8ターン)

【オゴポゴ】×3に【手札抹殺】で相手の手札をどんどん削る。
《強制激怒》に...《焼却》×3(!)を落とす。

しかし《強制激怒》《突撃兵》で5/1先手貫通!
何とか最後の一撃のトップデッキからの《火炎の鎧》を【支援狩り】で却下し、
クロック1ターン差でギリギリ勝利。
*******************************************************************
12戦目
相手:5HPデッキ
自分:突撃速攻
結果:勝ち(6ターン)

【怒り狂う上官】×2【溶岩巨人】【怒り狂う上官】とちびちび殴る。
相手は何と2ターン目にして《三本足の玩具人形》×3が詠唱場に。
しかし、相手に炎属性がそろわず、《火炎放射》も使えないまま普通にビートダウン終了。
人形6点ダメージは1回だけで済んだw
*******************************************************************
13戦目
相手:南極デッキ
自分:猫デッキ
結果:(ターン)

【燃えさかる子猫】【音速猫】と展開。
相手は《竹林の加速機》から《タスマニアデビル》。
《魔力幇助》や無色のクリスタルでどんどんMP加速。
最高のネタデッキということだが...なんだろう。

【焼却】で《タスマニアデビル》を焼いて、
いよいよ猫クロックが回ろうとしたところで《ニンゲンの南極》!
しかしHP計算を間違って《派手に誤爆》してしまい、そのまま終了w
9-5=1...のはずだったw
*******************************************************************
14戦目(違う方)
相手:荒野の戦場ストンピィ
自分:突撃速攻
結果:勝ち(16ターン)

久しぶりに初めてという方と対戦。
【怒り狂う上官】【手榴弾】【溶岩巨人】×2と展開。
しかし《衝撃波》で上官を倒され、《ムカシハナアルキ》《宝石収集人》にちくちくやられる。

ここで混沌とさせる《荒野の戦場》。
《音速猫》が現れ、こちらも【赤国エージェント】×2【溶岩巨人】×2と並べるが攻撃できない。
相手がどんどん《荒野の戦場》を並べるところ、こちらも勝負で【突撃奨励】×2を並べる。

《先制攻撃》でやられたりもしたが、
最後は【威嚇射撃】【火炎放射】で何とか相手のクリーチャーを突破し、辛勝。
*******************************************************************
15戦目
相手:荒野の戦場ストンピィ
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:勝ち(7ターン)

無色のクリスタルスタートで3ターン目から【溶岩巨人】【短距離弾道ミサイル】×2【手榴弾】。
相手の攻撃の隙に巨人パンチが一発入り、きれいにK.O.勝ち。
《宝石収集人》や《ムカシハナアルキ》の1/1ばかりではパンチ力に欠けた。
*******************************************************************

| | コメント (0)

大会

残念な結果でした。
Lazyさん相手では、始まって直後から勝てる気がせずw
デッキ構築の差を見せつけられ完敗。

不戦勝が1あったため、予選敗退でしたー。

まあ、ぶっちゃけ、良くこのデッキでここまできたなー、
と思いますw
アモさんや七誌さんと再戦しても勝てる気がしませんw

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

11/9対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:繁殖地再構築
自分:大型闇
結果:勝ち(8ターン)

相手が事故で5枚スタート。
こっちもクリスタル1枚で事故気味だったが、【水晶の髑髏】もあったのでスタート。
相手の《再構築Lite》も手伝ってきちんと展開。
【首無しライダー】は《霊魂逆流》されてしまうが、
【首無しプラナリア】をがつんと一発。
【幽霊鮫】【ジャージーデビル】とバンバンクリーチャーを引いてきて、
クロックアップして勝利。
*******************************************************************
2戦目
相手:鋭利な手札再構築
自分:ターボメテオ
結果:勝ち(8ターン)

《鋭利な手札》が出て《再構築Lite》。なにやら不穏。
こちらは【魔力加速】×2で準備万端。
2枚目の《鋭利な手札》にあわせて【直下型流星群】。
【煮え立つプラナリア】【爆炎のゴーレム】×2と怒涛の展開をして、勝利。
何だったんだろう...
*******************************************************************
3戦目
相手:☆ランドスペルビートダウン
自分:突撃速攻
結果:勝ち(6ターン)

【溶岩巨人】クリーチャーがなく速度命のデッキであるため引きなおし。
一転、【突撃奨励】×3のノンクリーチャー。まあドローあるし何とかなるさ。
ということで【突撃奨励】×2から【怒り狂う上官】【赤国エージェント】と展開していると...
《タスマニアデビル》《戦巫女》×2!!!
これはピンチw

しかし、【威嚇射撃】で攻撃してきた8/8《タスマニアデビル》をよけつつ、アタックアタック。
ブロッカー《戦巫女》を【火炎放射】で焼いて、
最後は【猪の戦闘バギー】を加え、クリーチャー数でブロッカーを突破し、勝利。
*******************************************************************
4戦目
相手:増殖するお化け屋敷
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:勝ち(7ターン)

1ターン目から《ウィンチェスター屋敷》をディスカードする相手はどんなデッキだろう。

こちらは3ターン目から【溶岩巨人】×2。
相手も《ウィンチェスター屋敷》や《クローニング》。
しかし、《クローニング》で隙が出来たところに巨人パンチ×2。
そして【手榴弾】【劣化マグネシウム弾】【短距離暖冬ミサイル】ファストキャストと連続で決まり、
相手を一気に焼却。
*******************************************************************
5戦目
相手:再構築コックローチ
自分:アクアプレス
結果:勝ち(7ターン)

風邪のクリスタルからいきなりの《再構築Lite》。
【支援狩り】と【ステルスの天女】を捨てる。

【オゴポゴ】【水神の下僕】【ステルスの天女】と展開していくが、相手は何と闇w
【支援狩り】捨てなければ良かった...
しかし、飛行クリーチャーの絶対数はこちらが勝っており、
相手は《茶羽コックローチ》1体。
【水神の下僕】【ステルスの天女】【飛行亀】×2【複眼の梟】と並んでしまえば、
《突然死》のなかった相手は投了。
*******************************************************************
6戦目
相手:下僕ビートダウン
自分:☆100枚クリーチャー除去パーミッション
結果:勝ち(22ターン)

【漢方薬】からスタート。
【回復円陣】を早々に張り、いい感じ。

相手はビートダウンだが、
《飛びコアラ》や《水神の下僕》、《風神の下僕》と小さめのクリーチャー。
適度に【霊魂逆流】とかしつつ【召喚禁止】で粘っていく。

途中カードが少なくやばいかと思ったが、【召喚禁止】を引き、
クリーチャーが召喚されない間にカードをためる。
結局そのまま静かに相手がライブラリアウトで勝利。

記念すべき2222勝目でしたw
*******************************************************************

| | コメント (2)

2006年11月 9日 (木)

あー!!!

少し気にしてなかったら、
記念すべき1000敗目がいつの間にか過ぎてる!!!

ショック...

| | コメント (2)

2006年11月 8日 (水)

大会ラウンド2速報

ななななんと!
あの七誌さんにストレートで勝ってしまいました!
単に引きが良かった&相手の引きが悪かっただけという気がしますが...
まあ、運も何とやらということでw

でも、ラウンド1で不戦勝があるので次負けたら決勝いけないんですね。
1回なのになあ。厳しいなあ。

と、ぐだぐだ言っててもしかたない。
ここは試合をはぐらかして0.5点ゲット...とかいう話もチャットで出ましたがw
ちゃんと予定があえば、対戦しますよ。
正々堂々勝負。がんばりまーす。

| | コメント (0)

2006年11月 6日 (月)

11/6対戦記(ver1.79)

チャットロビーに七誌さんが...
いよいよ恐怖リーグ開幕かと思ってチャットへいくと、
七誌さんが今日は忙しいらしく対戦はお預け。
良かったのやらなにやらw
*******************************************************************
1戦目
相手:☆壁的幽霊
自分:突撃速攻
結果:負け(8ターン)

【怒り狂う上官】【赤国エージェント】【溶岩巨人】と威勢よく展開するが、
《防衛線》《閉ざされた裏門》と出てしまい勢いを弱められてしまう。
結局【突撃奨励】や【火炎放射】を引かずに息切れ。
《水晶の髑髏》上に《首無しライダー》が現れ、トドメは《傾向と対策》。
倒せない無限ブロッククリーチャーが現れ、投了w
*******************************************************************
2戦目
相手:☆壁デッキ
自分:フィッシュ
結果:勝ち(9ターン)

両者事故で5枚スタート。
こちらはクリスタル1枚で粘る。
【宿り貝】×2や【霊魂逆流】×2を《水の壁》や【宿り貝】にかけ、何とか奮闘。
そしてようやく2枚目のクリスタルを引き【オゴポゴ】【水神の下僕】と進む。
《実戦経験》が《水の壁》に決まるが、これは3枚目の【霊魂逆流】で回避。
そのまま相手は《水の壁》が2体出たり入ったりしているところを数で殴って勝利。

相手は何と《猛火の化身》と《貝の化身》のダブル化身デッキだったw
*******************************************************************
3戦目
相手:☆ハナアルキ
自分:大型闇
結果:勝ち(8ターン)

1度引きなおしまあまあ。【水晶の髑髏】、
そして初めからある無色のクリスタルでMP全開。
【ロボトミー殺人事件】で相手の《キンニクハナアルキ》を奪い、
2/2《ムカシハナアルキ》を【突然死】で倒す。
相手が体勢を整える前に、【吸魂円陣】【首無しプラナリア】と一気に勝負が決まった。
*******************************************************************

| | コメント (2)

2006年11月 5日 (日)

予選G1

何この恐怖リーグw
相手が七誌さんとLazyさん。強豪しかいないwww
全然大会キャリアが違うよー。

Lazyさんには大会で勝ったことないし、
七誌さんは対戦したことないけど言わずもがなの強さ。

登録締め切り当日で作ったデッキでどこまで粘れるかw
がんばりまーす。


神ドローにかけてw

| | コメント (2)

11/4対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:☆堕天使マリス?
自分:ターボメテオ
結果:勝ち(10ターン)

《ネバダ砂漠の石》×3と《黄金ジェット》×2、闇のクリスタルを
きれいに【直下型流星群】で流せば相手はなすすべもなく終了。
*******************************************************************
2戦目
相手:☆ランドスペルバーン
自分:大型闇
結果:勝ち(8ターン)

《カーレンの見えざる靴》が見えて嫌な予感。
当然のごとく間違えてターン最初に召喚された【幽霊鮫】に《説得》が飛んでくる。
しかし【ジャージーデビル】【首無しライダー】と続け、
裏切り《幽霊鮫》を【突然死】で退け、
《説得》された【ジャージーデビル】を
【ロボトミー殺人事件】で奪い返すなどしていたら、相手も息切れ。
《因果応報》で【首無しライダー】を倒すのがやっとで
さらに続く【ジャージーデビル】には対処できなかった。
*******************************************************************
3戦目
相手:☆ドローストッカー
自分:突撃速攻
結果:勝ち(6ターン)

【突撃奨励】【猪の戦闘バギー】といい感じのスタートだったが後が続かない。
引いてもクリスタルに除去。
しかし相手も《防衛線》を張るだけで何も現れない。
【赤国エージェント】と同時に《象男》が現れる。
さらに《葉巻型円盤》。しかし攻撃は通り、相手の残りHPは4。
《臆病風》で後列に下げられたが、さらに【赤国エージェント】を追加する。
そして、【火炎放射】×2で相手のブロッカーを打ちのめし、勝利。
*******************************************************************
4戦目
相手:ステロイド
自分:風単ホード
結果:勝ち(9ターン)

【魔力幇助】がなかったので引きなおすと
クリスタル3枚に【魔力幇助】×2、【超進化】という激しくMPばかり。
まあ、事故るよりいいか。

相手の《コクワガタ》に対し、【ヴァルキリー】【コーカサスオオカブト】と続く。
相手は《竜巻巨人》を加え、《アレクサンダービーム》でクリーチャーが一掃されるが、
さらに【竜巻巨人】×2を追加。
そして、押せ押せだったこちらはどんどん攻撃し、
適度の【超進化】ブラフをしつつ最後には《焼却》に【超進化】をぶち当て、
巨人の貫通で勝負あり。
*******************************************************************
5戦目
相手:兵士デッキ
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:勝ち(5ターン)

【魔力幇助】にクリスタル1枚だったが【溶岩巨人】×2に【劣化マグネシウム弾】×2という
激しく良い手札だったので勝負。
ギリギリドローストックからクリスタルを引いて【溶岩巨人】×2と展開し、
相手の《怒り狂う上官》を通り超え、
《突撃兵》を詠唱中に巨人の攻撃を通し、
【劣化マグネシウム弾】【手榴弾】と決まって5ターン目の32fという超速で勝利。
*******************************************************************
6戦目
相手:☆堕天使マリス
自分:フィッシュ
結果:勝ち(11ターン)

【ニューネッシー】が《因果応報》《突然死》でやられる序盤。
《ロボトミー殺人事件》は【呪文停止】《盗掘》も【霊魂逆流】で回避。
いよいよ【クローニング】から《堕天使》...も【呪文停止】。
その間に【オゴポゴ】【タキタロウ】【ニューネッシー】と続き、一気にクリーチャー数で勝負。
【タキタロウ】が《キャトル・ミューティレーション》でやられるが
相手の残りHPは4。場には《堕天使》×2、4/3【ニューネッシー】3/2【宿り貝】と【オゴポゴ】。

さあ、ここで神ドロー!!!

来たー【霊魂逆流】w

相手も除去を引かず勝利。
*******************************************************************
7戦目
相手:ハナアルキ
自分:ハナアルキ
結果:勝ち(9ターン)

何とUAでもないのにハナアルキデッキ同士w
相手が《トビハナアルキ》で先制するがこちらは【フタオハナアルキ】×2。
相手は《メガロハナアルキ》×2でいきなり泥試合の様相を呈するw
しかしクリーチャーの不足を【霊魂逆流】×2で補い、
相手のおかげで強化されたクリーチャーでクロックをまわす。
《超進化》で一体4/6がやられてしまうが、3/3《メガロハナアルキ》を【点火】でうまく倒し、
そのまま相手はジリジリ押されたまま終了。
*******************************************************************
8戦目
相手:UAバーン
自分:パーミッション
結果:勝ち(4ターン)

最後はUAで来るということだったが大人気なくパーミッションで勝負w
すると...何と相性最高のバーン。
《手榴弾》と《エネルギー変換機》しかないそうで、すぐに投了。
*******************************************************************
9戦目(違う方)
相手:再構築コックローチ
自分:スーサイド
結果:途中切断(10ターン)

【水晶の髑髏】に【腐肉象】【ジャージーデビル】【腐肉熊】。
しかし相手の《突然死》を警戒しつつ攻撃もあまり出来ない。
相手は《茶羽コックローチ》を捨てて《掘り返し》。
しかも現れたのは1体のみとかなりきつそう。
それも【ロボトミー殺人事件】で奪い、全軍突撃。
《突然死》は2枚のみで、大型クロックが回りだす。
そして5/2【腐肉熊】とコックローチで計6点ぴったりのはずだったが...

途中切断。どうなのこれ。
*******************************************************************
10戦目(違う方)
シールド戦
結果:負け(13ターン)

地上は【コモドドラゴン】や【黒騎士】が出ていたけど
《闇の壁》や《不死骨格》に阻まれクロックが思わず回らない。
そんな中、途中から《幽霊鮫》がでてしまい、
それがとめられずにクロックが回り負け。
*******************************************************************
11戦目
シールド戦
結果:負け(5ターン)

【ノコギリクワガタ】【暗黒力】と決まり、毎ターン4点。
しかも《密林の探索者》から《幽霊鮫》。
【巻雲】や【雷雲】【車爆弾】【火炎放射】は引けずにそのまま撲殺され、終了。
*******************************************************************
12戦目
ドラフト戦
結果:勝ち(19ターン)

大量にクリーチャーを並べて膠着状態。
しかも《貝の化身》や《仮想塹壕》がでてこれはwww
【友引】や【火炎弾】でクリーチャーを減らしても
《竜巻巨人》や《巻雲》が立ちはだかる。
しかし、ドローが多かった相手がライブラリアウトが見えており、
強引に突破しにかかるが大量クリーチャーのブロックで
後手巨人を粉砕したところで相手が投了。
*******************************************************************
Meiさんとの大会予選が残念ながらできなくなってしまい、
未消化試合になってしまいました。
なかなか1週間ですと予定があわないものですねえ。

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

11/1対戦記(ver1.79)

*******************************************************************
1戦目
相手:バーン
自分:大型闇
結果:負け(6ターン)

のろのろとようやく【ジャージーデビル】を出す頃には
《手榴弾》×2に《短距離弾道ミサイル》が詠唱場に。
こちらのダメージをものともせず、さらに《劣化マグネシウム弾》×2で焼かれ終了。
*******************************************************************
2戦目
相手:リアニメイト
自分:ターボメテオ
結果:負け(4ターン)

3ターン目に《死体発掘》から《水晶の髑髏》上に《大戦鬼》。
こちらも【手榴弾】とドローストックで【溶岩巨人】を捨てて応戦。
【焼却】と合わせて何とか退治するが当然《クローニング》でおかわり。
無理ー。
*******************************************************************
3戦目
相手:アクアプレス
自分:パーミッション
結果:勝ち(19ターン)

【呪文停止】や【呪文遮断】で粘る。
【呪文掌握】で奪った《低速取得》のドローストックを一つを使ったため、
《湖畔の滑走路》を使った相手とライブラリはぴったり同じ。
クリーチャーをカウンターする攻防が続くが、
《水神の下僕》と【魔の三角領域】に対する《対抗呪文》を使いMPを切らしたところで【弐周目】が決まり、勝利。
*******************************************************************
4戦目
相手:突撃速攻
自分:突撃速攻
結果:勝ち(3ターン)

1ターン目に《突撃奨励》対しこちらは【怒り狂う上官】w
2,3ターン目は共に【猪の戦闘バギー】×2《猪の戦闘バギー》×2ということで
相手の力で勝利w
*******************************************************************
5戦目(違う方)
相手:ガッサーコントロール
自分:突撃速攻
結果:勝ち(6ターン)

【怒り狂う上官】【突撃奨励】【赤国エージェント】をはさんで【溶岩巨人】×2。
《ウィンチェスター屋敷》《オゴポゴ》を気合で突破し、
《怪人マッド・ガッサー》を【火炎放射】で焼いて、そのまま押し切った。
*******************************************************************
6戦目
相手:ガッサーコントロール
自分:フィッシュ
結果:勝ち(8ターン)

執拗に来る《ロボトミー殺人事件》。
【霊魂逆流】や【呪文停止】でいなしつつ、【水神の下僕】を奪われる。
しかし、すでにペナルティ5点の方が大きく、
【宿り貝】や【ニューネッシー】連続召喚で相手をノックアウト。
*******************************************************************
7戦目(違う方)
相手:コックローチデッキ
自分:大型闇
結果:勝ち(8ターン)

4体の《茶羽コックローチ》が並び、2枚の《突然死》に【ジャージーデビル】【幽霊鮫】を倒されるが、
【水晶の髑髏】上の【首無しライダー】を召喚。
そして【首無しプラナリア】で相手の手札を吹き飛ばし、そのまま雑魚をなぎ倒し、勝利。
*******************************************************************
8戦目
相手:?
自分:風単ホード
結果:勝ち(4ターン)

【魔力幇助】から【コーカサスオオカブト】【竜巻巨人】と続き、
相手が動かないまま勝利。
*******************************************************************
9戦目
相手:パーミッション
自分:バーンby dam for 8th FTT League
結果:負け(18ターン)

【溶岩巨人】が《霊魂逆流》でいなされている間に《魔の三角領域》が張られ、
後はバーンカードもカウンターの餌食。
最後は《クリッター》が増殖して終了。
*******************************************************************
10戦目
相手:☆堕天使
自分:突撃速攻
結果:勝ち(5ターン)

【猪の戦闘バギー】【溶岩巨人】【赤国エージェント】×2【突撃奨励】と怒涛の展開。
相手は《光る子供》を1体召喚し、《堕天使》をリサイクルしただけで投了。
流石に除去が足りなかったのだろうか。
*******************************************************************

みなさん宵っ張りのようで、夜が早い私とはなかなか予定があわないみたいです。
大会対戦できるかなー?

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »