« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

年末のご挨拶

気づけばプレイ暦も1年を超え、対戦数も3000を超えて、
ABCDにどっぷりはまった1年でした。
ブログも開設、対戦記を書いていましたが対戦数が多すぎて挫折w

皆様のように考察や企画などが少ないこのブログですが、
応援してくださる方々がおられることに感謝しています。
それと同時に、このコミュニティが素晴らしいものだと実感しています。

来年はどんな1年になるのでしょうか?
リアルな生活もABCDもいい年になるように祈りながら...良いお年を。

| | コメント (2)

2006年12月29日 (金)

バーンは強いのか?(ver1.82)

amusing_ideas ⇒ ABCDでも最近「Melt Burn」というバーンデッキが紹介されました。
また、対戦しててもバーンデッキに当たると「あーあ」的な気分になりますw
少し前までは光属性も含めた【漢方薬】や【巫女の祝福】を含め
【猛火の化身】をフィニッシャーに添えた2色バーンがはやりましたが、
安定度も含めそれを上回る強さを誇るのではないかと思い、組んでみました。


デッキ枚数:40枚

炎:24 無:16

Crystal - 16枚:40.00%
(Basic - 13枚:32.50%)
13 炎のクリスタル
3 無色のクリスタル
Summon - 4枚:10.00%
4 耐熱定規
Sorcery - 18枚:45.00%
3 メルトダウン
4 劣化マグネシウム弾
4 手榴弾
3 短距離弾道ミサイル
4 車爆弾
BattleSpell - 2枚: 5.00%
2 威嚇射撃

クリスタルの比率は「Melt Burn」よりパクリましたw
というのも、【魔力幇助】より無色のクリスタルを入れた方が
バーンデッキにはあうと感じたからです。
なぜなら、なるべく早く相手を倒すのが目標ですから1ターン目に【魔力幇助】がくればいいですが、
そうではない場合に1ターンMPを少々(たかが1MPですが)犠牲にしてMPを増やすわけです。
特に5MPのときは【劣化マグネシウム弾】や【車爆弾】【耐熱定規】などキーカードが目白押しなので、
【魔力幇助】等でのんきにやっている場合ではありません。
ということでクリスタルを多めにし、無色のクリスタルを入れるこのバランスが良いと感じました。
...と偉そうなこと書いてもただのパクリですがwww

で、どこが「Melt Burn」と違うかというと、速攻で勝負を決めるコンセプトです。
比較すると


威嚇射撃1,煮え立つプラナリア3  ⇒  劣化マグネシウム弾4


これだけです。
しかし、これが実は大きい。
うまく回れば

Turn 1.クリスタル
Turn 2.クリスタル+手榴弾
Turn 3.無色のクリスタル+劣化マグネシウム弾
Turn 4.クリスタル+短距離弾道ミサイル
Turn 5.劣化マグネシウム弾で後はミサイル発動待ち
Turn 6.ミサイル発動(200fくらい)

と何とスライやホード並みの速さで相手を焼ききることが出来ます。
そのため、基本的には小さいクリーチャーは無視してどんどん本体ダメージを撃ち込みます。
【威嚇射撃】もミサイル発動までの時間のばし等、ここぞというときには役に立つはずです。

何しろ速さ命なので2ターン目に【手榴弾】が撃てないようだったら1度目は引きなおします。
事故ったら...おつでしたwww


で、結論は...

            バーンが強い


んー、ビートダウン好きの私としては残念な結論ですが...
次回へ続く。

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

ステロイド(ver1.82)

一応新カード入りのデッキもw

デッキ枚数:40枚

炎:07 風:15 無:18

Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 8枚:20.00%)
1 炎のクリスタル
7 風のクリスタル
4 風炎鉱
2 緑赤損害水晶
Summon - 14枚:35.00%
2 突撃兵
4 ヴァルキリー
3 竜巻巨人
1 無限のプラナリア
4 コーカサスオオカブト
Sorcery - 9枚:22.50%
4 魔力幇助
1 アレクサンダービーム
4 灼熱波動
BattleSpell - 3枚: 7.50%
3 超進化

これも奇抜なデッキではなく新カード【灼熱波動】を活かそうとしたホードデッキです。
基本的な動きはいわゆるホードと変わりません。
【魔力幇助】から3/3クリーチャーを展開していきます。
こちらには【灼熱波動】で焼かれるクリーチャーはいないので
相手のクリーチャーを焼きつつ相手の本体向かって攻撃していきます。
仮に倒せなくても【竜巻巨人】や【突撃兵】の貫通能力を活かすことができれば恩の字です。

【竜巻巨人】の弱体化があったので、
【突撃兵】や【緑色の悪魔】と交換するのが良いかもしれません。

【アレクサンダービーム】は相対的強化を受けた呪文でうまくいけばズバッと爽快w

| | コメント (0)

アクティブスパーク(水炎)

ご挨拶代わりにせっかくなのでデッキ紹介。

デッキ枚数:40枚

炎:12 水:15 無:13

Crystal - 13枚:32.50%
(Basic - 9枚:22.50%)
6 炎のクリスタル
3 水のクリスタル
4 炎水鉱
Summon - 8枚:20.00%
4 宿り貝
4 ニューネッシー
Sorcery - 13枚:32.50%
3 呪文停止
4 霊魂逆流
3 劣化マグネシウム弾
3 手榴弾
LandSpell - 4枚:10.00%
4 砂漠の前線基地
BattleSpell - 2枚: 5.00%
2 点火

見ての通りのアクティブスパークです。
しかもDDの新カード入ってないしw
初手に【砂漠の前線基地】と【宿り貝】が見えなかったら即引きなおしw
いわゆる「回れば強い」(=弱い)デッキです。
完全に序盤勝負でクリーチャー除去は皆無に等しいので
2,3ターンでダメそうだったら投了ですね。

ちなみに、アクティブスパークというデッキ名称が定着していますが、
ずいぶん前にどなたかと対戦したときに
【口避け女】と【砂漠の前線基地】、【無謀な格闘家】【掘り返し】での
激しい攻撃をするデッキと当たったので、
対戦記に勝手にアクティブスパークと命名したら
語感もよかったらしく広まってしまいましたw

| | コメント (0)

ぼちぼち再開

この一ヶ月色々ありました。
といってもABCDではなくてプライベートですけどw

一応一段落したので、ぼちぼちのんびり更新再開しようと思います。
対戦記はハードなのでちょっとパスですがw

これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »