« 平凡賞1回戦 | トップページ | 平凡賞3回戦 »

2007年3月31日 (土)

平凡賞2回戦

平凡賞第2戦は...patraさんのはずが
とある事情でディレイさんw
とこれを書いている時点でこの試合が有効となるかは不明ですが...

-------------------------------------------------
第1戦

相手は炎闇のクリスタルスタート。
2ターン目は闇のクリスタルで《大腿骨を折る者》。
しかしこちらは炎のクリスタルからの【ファイアスターター】でサクッと焼く。

その後はクリスタルの伸びがなかった相手は2ターンに1回しか4MP使えず、
《火炎弾》で《ファイアスターター》《空歩兵》を焼かれるが、
《幽霊鮫》が手札からこぼれたりし、《不死骨格》が【火炎弾】で焼かれ、
【ファイアスターター】【耐熱定規】と並んだところで投了。


結果:勝ち(10ターン)
-------------------------------------------------
第2戦

相手は2回引きなおし。
そのため2色クリスタルと光のクリスタルといった事故の可能性があったがスタート。
相手は《不死骨格》×2でどんどん押してくる。
こちらは【天使の下僕】×2を展開するが《火炎弾》で1体、
そしてもう1体は《不死骨格》をブロックしたところ《点火》で焼かれる。

しかし、更なる【天使の下僕】【空歩兵】と展開し【耐熱定規】を展開し、
相手の《不死骨格》を【火炎弾】で焼いたりして、地上は【炎の壁】で鉄壁に。
結局《即死》や《火炎弾》といった除去が間に合わず、クリーチャー数で押して勝利。


結果:勝ち(14ターン)
-------------------------------------------------
ディレイさんのデッキは私も候補にしていた炎闇のビートダウンデッキ。
【不死骨格】や【幽霊鮫】といった優良クリーチャーを展開しつつ、
【即死】や【火炎弾】で相手のクリーチャーを除去。
シンプルな構成だが強力である。
【大腿骨を折る者】も採用されてAtkが大き目のビートダウンのため、
事故でなく、うまく回ったら若干展開の遅いこちらのデッキはひとたまりもなかったかもしれない。
デッキ周りの運に助けられた勝負でした。
-------------------------------------------------

|

« 平凡賞1回戦 | トップページ | 平凡賞3回戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平凡賞1回戦 | トップページ | 平凡賞3回戦 »