« 平凡賞決勝 | トップページ | round2 »

2007年4月 6日 (金)

平凡賞デッキ紹介

ということで平凡賞優勝デッキです。

デッキ枚数:40枚
炎:18 光:08 無:14
Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 12枚:30.00%)
7 炎のクリスタル
5 光のクリスタル
2 光炎のクリスタル
Summon - 18枚:45.00%
2 炎の壁
4 天使の下僕
4 空歩兵
4 ファイアスターター
4 耐熱定規
Sorcery - 8枚:20.00%
4 火炎弾
4 プラズマ射出

どういう経緯で作ったかはすでに作ってから3ヶ月もたっているので当然覚えていませんw
ということで、今見たなりのコメントを。

TAKOさんのような粘りデッキがあるということは
ライブラリアウトの可能性もある環境であるものの、
なんだかんだいってこの環境は(ほぼ)ビートダウン。
しかも3/3飛行が最重量級とくれば炎の除去8枚が腐るわけもなく
【ファイアスターター】さえも重要な火力となることが期待できます。
そんな火力に対しては【炎の壁】や【耐熱定規】がうまく壁やアタッカーとなってくれるでしょう。

そして攻撃を通すのは何といっても飛行クリーチャー。
2/2以上なのは闇の【幽霊鮫】【首無し鶏】光の【天使の下僕】【空歩兵】
風の【風神の下僕】【巻雲】(壁)
水の【積乱雲】(壁)無色の【メカファルコン】
闇と光にはそれぞれ1/1もいます。
というか炎は除去は強力ですが飛行クリーチャーがどうしようもないです。
飛行戦になるのは必須なので闇か光を選択します。
2/2飛行がデメリットなしで出せるので
(【首無し鶏】がうまく使えるほど自分の運が信じられないので)光を選択。
飛行クリーチャーを入れたらデッキ完成でした。

意外に光の飛行クリーチャーを採用していた方とは当たらなかったのですが
そんなに弱いかなあ、光。
この環境ならタッチ属性としてはいけてると思うのですが光1でいいので。
確かに闇クリーチャーが【首無しライダー】等もいるので魅力的ですが...

|

« 平凡賞決勝 | トップページ | round2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平凡賞決勝 | トップページ | round2 »