« 優勝! | トップページ | 第10回大会対戦記(予選 vs 風邪氏さん) »

2007年7月11日 (水)

第10回FTT大会デッキ

FTTも終了し、裏FTTも開幕しました。

そして対戦記をアップしよう...と思ったらココログフリーが緊急メンテナンス。
復旧見込みは未定って...

まあ、とりあえず記事を書いておこう。
ということで色々なデッキでの混戦となった第10回FTT。
直前の《巫女の祝福》弱体化で
全生コントロールはどうなるのかが個人的には大きな焦点でした。
うまく構築された全生コントロールは回りだすとビートダウンはほぼ終わりなので...

まあ、例によって例のごとくビートダウンで勝負なのですが、
候補は5つ。

風単ホード・炎単速攻・水単アクアプレス・闇単スーサイド・大型闇

結局コントロールの要であるカウンター耐性と
最近猛威を振るう《灼熱波動》耐性に着目して風単ホードを選択。
大型闇は序盤の展開が細く、まわりにくいので却下しました。

で、大会デッキはこちら。

デッキ枚数:40枚
CRC:BC8BE193

風:26 無:14

Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 14枚:35.00%)
14 風のクリスタル
Summon - 16枚:40.00%
3 音速猫
4 竜巻巨人
2 風神の下僕
3 ノコギリクワガタ
4 コーカサスオオカブト
LandSpell - 4枚:10.00%
4 竹林の加速機
BattleSpell - 6枚:15.00%
3 超進化
3 筋力増強剤


先ほどの通り風単ホードです。
一番大きな留意点は4MPクリーチャーの選択でした。
【カブトムシ】【音速猫】【ノコギリクワガタ】【緑の子鬼】
【飛びコアラ】【速度制限機械】【密林の探索者】【コモド・ドラゴン】
と多くの選択肢がある中、

・除去に《火炎弾》が流行る今は【コモド・ドラゴン】はテンポを失うだけ
・【飛びコアラ】や【速度制限機械】はAtk1でパワー不足
・【密林の探索者】は【流砂の渦蜘蛛】を呼び出すならば意味ありますが、
今回は入れないので却下

ということで1行目の4体に絞られました。

・【竜巻巨人】【コーカサスオオカブト】に頼ることになるので
飛行クリーチャーは欲しいところ
・微妙なアンブロッカブルは膠着状態の後半で活躍する能力
・先手のプレッシャーは序盤に活躍できる
・0fは大型がいる

ということで結果的には【ノコギリクワガタ】×3、【音速猫】×3を採用。
一時期までは【緑の子鬼】も入れて2体ずつだったのですが、
対戦していて【緑の子鬼】より他の2体の方が、
来て嬉しい場面が多かったので変更しました。

そしてメインは【コーカサスオオカブト】&【竜巻巨人】のパワークリーチャー。
【筋力増強剤】が乗せられればAtk5以上の超重量級クリーチャーです。
5MPに関していえばカードアドバンテージの得られる【ヴァルキリー】がありますが、
ここはカウンター耐性&0fの柔軟性を取って【コーカサスオオカブト】に。

薄い飛行をドローの付いた【風神の下僕】で補ってデッキ完成。
バトルスペルは計6枚。
本体に叩き込めるダメージスペルとしても使うことのできる
風の進化系はコントロール相手でも十分すぎるほどの活躍を見せてくれました。

|

« 優勝! | トップページ | 第10回大会対戦記(予選 vs 風邪氏さん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝! | トップページ | 第10回大会対戦記(予選 vs 風邪氏さん) »