« 決勝第1戦の続き(vsだんぱさん) | トップページ | DD大会予選1試合目(vs saboさん) »

2008年8月20日 (水)

DD大会デッキ紹介

第1回猫熊杯(ver2.02 DD限定構築)が終了しました。
決勝でのトーナメント運もよく、個々の対戦での引きもよくて、
優勝という素晴らしい結果を残すことが出来ました。

決勝戦ではitachiさんの観戦アプリにて配信を行うことが出来たので、
観戦していただいた方も多くいらっしゃいました。


ということで、まずはデッキ紹介です。


デッキ枚数:40枚

光:26 無:14

Crystal - 14枚:35.00%
(Basic - 14枚:35.00%)
14 光のクリスタル
Summon - 18枚:45.00%
1 皇帝ペンギン
3 光輝巨人
4 ツンデレ娘
1 ズワイガニ
2 タラバガニ
3 手長蝦
4 伊勢海老
Sorcery - 4枚:10.00%
4 天使装甲Ⅱ
LandSpell - 4枚:10.00%
2 電子レンジ
2 防光円陣


見ての通りの光単色ビートダウンです。

この環境(ver2.02現在でのDD限定)ではクリーチャーの数と質、共に光が圧倒的であり、
単色では光以外考えられない状況です。
そしてドロー補助が少ない環境ですし、2色クリスタルが損害水晶しかないことを考えると
多色にするメリットよりデメリットの方が大きいと判断しました
(といいつつ、多色を組むのが単に苦手という話が...)。

基本的にはクリーチャーを大量に出して【天使装甲Ⅱ】で決めるという単純なデッキです。
そのため、【皇帝ペンギン】は1枚のみ。
出せたらラッキーというくらいで、複数入れてデッキが嫌な(クリスタル比率が多い)方向に
圧縮されるのを防ぎます。

あとは光以外の強力なバトルスペルを【電子レンジ】で、
同系統の対決に向けて【防光円陣】で、うまくしのげればラッキーです。

MPカーブはそれなりに考えてあるので、1ターン目、2ターン目にクリーチャーを出して
3ターン目に【天使装甲Ⅱ】がかけられれば相手の《皇帝ペンギン》にも何とかなるはずです。

|

« 決勝第1戦の続き(vsだんぱさん) | トップページ | DD大会予選1試合目(vs saboさん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決勝第1戦の続き(vsだんぱさん) | トップページ | DD大会予選1試合目(vs saboさん) »