« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

2次予選3戦目(vs 乾燥わかめさん)

2次予選3戦目は1次予選でも当たった乾燥わかめさん。
お互い手の内は分かっているが...
***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル2、手札抹殺、茶羽コックローチ、ねじれた鶏、子鬼
next:ねじれた鶏

2ターン目の《手札抹殺》で【手札抹殺】【ねじれた鶏】を落とされる。
3ターン目に《黒騎士》が現れるが、こちらの場は【子鬼】【ねじれた鶏】【茶羽コックローチ】。
そして唯一の手札に【紫鏡】といい感じ。
《黒騎士》を【子鬼】で相討ちし、【黒コックローチ】《モンゴリアンデスワーム》を追加。
さらなる《モンゴリアンデスワーム》2体《ねじれた鶏》と怒涛のクリーチャーに対し
【紫鏡】で《モンゴリアンデスワーム》1体を撃沈。
コックローチ2体に《突然死》を使ったところで【茶羽コックローチ】を詠唱。
HPこちら14対相手6。
しかし、さすがにコックローチの攻撃が止められず、投了。


結果:勝ち(8ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:防闇円陣4、幽霊兵招集
out:手札抹殺2、紫鏡、黒騎士2

初手:闇のクリスタル2、ねじれた鶏、防闇円陣、幽霊兵招集、紫鏡
next:闇のクリスタル

...と絶好の手札だったが、切断。


結果:途中切断(1ターン)
***************************************************
第3戦

サイド変更
in:防闇円陣4、幽霊兵招集2
out:手札抹殺2、放射能汚染、黒騎士2、紫鏡

初手:闇のクリスタル、子鬼、茶羽コックローチ2、黒コックローチ、幽霊兵招集
next:ねじれた鶏

事故。

リドロー:闇のクリスタル2、ねじれた鶏、茶羽コックローチ2、子鬼

2ターン目《手札抹殺》で【紫鏡】【茶羽コックローチ】と落とされる。
しかし、【防闇円陣】の上に【茶羽コックローチ】を乗っけて、完全防御布陣。
そして、相手の攻撃が止まり、
こちら2/2【茶羽コックローチ】【茶羽コックローチ】【ねじれた鶏】【子鬼】
詠唱場に【黒コックローチ】HP18
相手《ねじれた鶏》2体、詠唱場に《子鬼》HP12
といったところで相手が投了。

結果:勝ち(6ターン)
***************************************************
やはり《手札抹殺》がコックローチに入ると1ターン無駄どころか
相手を有利にしてしまうのが大きかったようで、
また、サイドの《防闇円陣》が止まらないようであった。

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

2次予選2戦目(vs だんぱさん)

2次予選2戦目は最強プレイヤー(と私が思っている)だんぱさん。
前回のエキスパンション選択サイドカップ大会では、
サンプルの猫缶デッキを公開した上、それを改良してみごと優勝している。
的確なメタ読みと1枚2枚挿しの微妙なバランスが光る
多色デッキの構築センスは群を抜いているが、今回のデッキはいかに?
***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル、ねじれた鶏2、茶羽コックローチ、黒騎士、子鬼
next:闇のクリスタル

除去がないが、まあスタート。
【ねじれた鶏】【子鬼】に対し、
無色のクリスタル、闇水のクリスタルから《忍び寄るオヴィラプトル》。
先手の登場に厳しい予感。
【紫鏡】で突破するが、【黒騎士】に対しさらに《闇の壁》《幽霊鮫》。
ここでしかたなく【放射能汚染】でリセット。
さらに《水神の下僕》《忍び寄るオヴィラプトル》と追加し、
《水の壁》《水神の下僕》2体目と怒涛の展開。
《忍び寄るオヴィラプトル》がさらに出たところでまた【放射能汚染】。
しかし、【茶羽コックローチ】撃ちどころを間違え、【放射能汚染】がかかってしまう。
《霊魂逆流》で《水神の下僕》を逃がしたりし、
結局ドローストックでのハンドアドバンテージが物をいう展開に。
こちらは手札無し、相手は手札3から4枚。
そして13ターン目にだめ押しの《飛行亀》が詠唱され投了。

結果:負け(13ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:即死2、幽霊兵招集2、防闇円陣4
out:手札抹殺2、紫鏡2、ねじれた鶏2、黒騎士、子鬼

初手:闇のクリスタル2、ねじれた鶏、防闇円陣、放射能汚染、即死
next:闇のクリスタル

無色のクリスタルスタートで《水の壁》が出るが【即死】で落とす。
相手は5ターン目から《幽霊鮫》《飛行亀》だが、こちらは【防闇円陣】に【子鬼】を乗っける。
《霊魂逆流》で4/2【子鬼】を戻されたところで【放射能汚染】。
【茶羽コックローチ】に4/2【首無し鶏】で応戦する。
こちらが衰弱していく《幽霊鮫》《飛行亀》を尻目に何も出来ない間、
相手も《水神の下僕》《忍び寄るオヴィラプトル》と展開。
しかし、ここで【即死】を引き、キーブロッカー《水神の下僕》を除去。
《滅亡》が4/2【首無し鶏】に撃たれるも【黒コックローチ】の詠唱を見て残りHP2の相手は投了。

結果:勝ち(12ターン)
***************************************************
第3戦

サイド変更(2戦目と同じ)
in:即死2、幽霊兵招集2、防闇円陣4
out:手札抹殺2、紫鏡2、ねじれた鶏2、黒騎士、子鬼

初手:闇のクリスタル4、黒騎士、幽霊兵招集
next:茶羽コックローチ

相手の5枚スタートを見て、このまま続行。
結局、相手は無色のクリスタルしか出せず、
【茶羽コックローチ】【幽霊兵招集】と見て4ターン目まで属性が出ないところで投了。


結果:勝ち(4ターン)
***************************************************
だんぱさんのデッキは、彼の大好きな《忍び寄るオヴィラプトル》を据えた水闇ビートダウンデッキ。
《幽霊鮫》と《飛行亀》を入れられるところが強みで、
無色スタート《水神の下僕》といった黄金パターンから
そこまでつなげられると展開も非常に速い。
《霊魂逆流》《突然死》といった様々な種類の除去が4枚でなく入れてあるので、
プレイが難しそうで、だんぱさんならではのデッキというところである。
5MPないとつらいデッキにありがちな事故で最後の1戦が終わったが、
やはり、さすがの構築であった。

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

2次予選1戦目(vs YASUSHIさん)

2次予選1戦目はYASUSHIさん。
ブードラでも安定した強さを誇る。
実はログがなくなってしまったので、ぼろ負けということしか覚えていない。
2戦目は幽霊兵招集でいいところまでいったが、
《火炎円陣》で焼ききられ打つ手がなくなり負けだった。
***************************************************
第1戦

結果:負け(?ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:即死2、幽霊兵招集2、防闇円陣4
out:手札抹殺2、子鬼、ねじれた鶏2、紫鏡3

結果:負け(6ターン)
***************************************************
YASUSHIさんのデッキは炎水のアドバンテージデッキ。
《対抗呪文》の他に《火炎円陣》を入れて《短気な収集家》の可能性を増やした。
無色のクリスタルスタートでうまく回せるその技量に完敗であった。

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

1次予選5戦目(vs itachiさん)

1次予選最終戦はツール開発者のitachiさん。
いつもはネタデッキだが、今回は...?

***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル2、紫鏡、茶羽コックローチ、ねじれた鶏、黒コックローチ
next:茶羽コックローチ

《怒り狂う上官》《猪の戦闘バギー》と順調に展開する相手に対し、
【ねじれた鶏】【茶羽コックローチ】。
さらに《猪の戦闘バギー》と来るが【茶羽コックローチ】を追加しつつ
《怒り狂う上官》と相討ち。
さらに【茶羽コックローチ】3体目。相手は《赤国エージェント》を追加し、場は膠着気味。
ここで【放射能汚染】。
《火炎放射》や《アドレナリン増加》で一気に残りHP5に。
《赤国エージェント》を追加され、またもや膠着状態か、
と思いきや、《火炎放射》でブロッカー【首無し鶏】が突破され、勝負あり。

結果:負け(8ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:即死2、幽霊兵招集、防闇円陣4
out:手札抹殺、ねじれた鶏、寄生爆弾2、紫鏡3

初手:闇のクリスタル2、茶羽コックローチ、黒コックローチ、即死、子鬼
next:防闇円陣

事故が怖いので仕方なくスタート。
《怒り狂う上官》がクロックをまわすが、《猪の戦闘バギー》は【子鬼】で相討ち。
続く《赤国エージェント》は【即死】。
ようやく3枚目のクリスタルを引いた4ターン目。
《溶岩巨人》に対し【黒コックローチ】。
《火炎放射》で焼かれ、さらに《アドレナリン増加》で一気にダメージを増加してくるが、【黒騎士】を追加。

さらに【防闇円陣】【茶羽コックローチ】と召喚し、コックローチ防御陣を敷いていく。
炎の天敵【黒騎士】の盾をしいてようやく【茶羽コックローチ】の細いクロックがまわりだす。
2体目の【黒騎士】に【ねじれた鶏】も追加し、細々と2点クロック。

この時点で相手の場は《怒り狂う上官》2体《猪の戦闘バギー》《赤国エージェント》《溶岩巨人》。
こちらは【茶羽コックローチ】【黒コックローチ】2体【黒騎士】2体【子鬼】【ねじれた鶏】。

その後、《溶岩巨人》2体に【黒コックローチ】が加わるが、
《好戦的な鶏》を今引きの【即死】で落とし、そのまま勝負あり。


結果:勝ち(16ターン)
***************************************************
第3戦

サイド変更(2戦目と同じ)
in:即死2、幽霊兵招集、防闇円陣4
out:手札抹殺、ねじれた鶏、寄生爆弾2、紫鏡3

初手:闇のクリスタル2、黒騎士、黒コックローチ、放射能汚染、即死
next:手札抹殺

【黒騎士】もいるし、かろうじて2ターン目スタートなので事故が怖いのでスタート。
《怒り狂う上官》《好戦的な鶏》と順調な滑り出しの相手に
【手札抹殺】で《好戦的な鶏》と《火炎放射》を落とす。
そして【放射能汚染】でリセット。
しかし、《赤国エージェント》《猪の戦闘バギー》と続き、厳しい展開。
こちらは【子鬼】。ドローストックを保持しているのがまだよかったか。

《赤国エージェント》を【子鬼】で相討ちするも《アドレナリン増加》で一気に勝負に来る相手。
こちらもいよいよ、5ターン目念願の3枚目のクリスタルから【黒騎士】。
《好戦的な鶏》も【即死】で撃ち落す。
《赤国エージェント》2体《怒り狂う上官》と並ぶも、
こちらは【黒騎士】【黒コックローチ】【子鬼】【茶羽コックローチ】
そして秘蔵の【幽霊兵】。
最後はまさかの《直下型流星群》詠唱であったが、総攻撃で勝負あり。

結果:勝ち(12ターン)
***************************************************
itachiさんのデッキは赤単伍長のデッキの改良版といったところか。
多くのクリーチャーで相手を突破しつつ《アドレナリン増加》で
うまくダメージを稼ぐデッキ。
おそらく《焼却》がないため、【黒騎士】が出ると突破困難で、
《好戦的な鶏》に頼らないといけなかったのがつらかったところだろうか。
攻撃を優先させなければいけないこのデッキには辛いデッキであった。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

1次予選4戦目(vs アモさん)

はっちゃけトークで有名なアモさん。
調整戦でご一緒したが結局どうなっただろうか...

***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル、寄生爆弾、放射能汚染、ねじれた鶏2、子鬼
next:闇のクリスタル

いい手札。
【ねじれた鶏】【子鬼】と展開するが
《怒り狂うパキケファロサウルス》に何と《人体発火》。
《猪の戦闘バギー》に対し何とか【放射能汚染】をねじ込む。
クロックを重ねられHPは残り8までになってしまった。
さらに《怒り狂うパキケファロサウルス》を追加、
《人体発火》で【首無し鶏】が落とされる。
こちらは【黒コックローチ】に【黒騎士】。
《溶岩巨人》を追加して、一気にピンチ。
【子鬼】に対し《暗黒力》《炎つぶて》。
しかし、【黒騎士】2体ブロックを【寄生爆弾】で突破し、
《炎つぶて》で残り3まで追い詰められるも勝負あり。

結果:勝ち(10ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:防闇円陣4
out:手札抹殺2、ねじれた鶏、黒コックローチ

初手:闇のクリスタル3、防闇円陣、放射能汚染、紫鏡
next:闇のクリスタル

相手の2回引きなおしを見てこれでスタート。
しかし、2ターン目ドローストックもクリスタル。
《怒り狂うパキケファロサウルス》《ねじれた鶏》《キルリアンのオーラ》といった
怒涛の攻勢にようやく【子鬼】をひいたこちらはたじたじ。
《威嚇射撃》で闇耐性【子鬼】を突破され、
【放射能汚染】で粘るも《ねじれた鶏》が追加される。
コックローチのチャンプブロックで粘るが、最後は《炎つぶて》で残り2HPを削り取られ負け。

結果:負け(9ターン)
***************************************************
第3戦

サイド変更
in:防闇円陣4、幽霊兵招集2
out:手札抹殺2、黒コックローチ、ねじれた鶏、紫鏡2

初手:闇のクリスタル、子鬼、ねじれた鶏、茶羽コックローチ、黒騎士2
next:防闇円陣

事故。

リドロー:闇のクリスタル2、ねじれた鶏、子鬼、幽霊兵招集、茶羽コックローチ

相手は1回リドローの後、闇のクリスタル2連続で属性事故か。
《ねじれた鶏》《キルリアンのオーラ》に対し【ねじれた鶏】【子鬼】。
そして待ちに待った【防闇円陣】の上に【茶羽コックローチ】を乗せ、防御は万端。
そのまま炎属性が出ないままに残りHP5で相手が投了。

結果:勝ち(5ターン)
***************************************************
アモさんのデッキはパキケスライと呼ばれる形のさらに尖らせたものだろうか。
《キルリアンのオーラ》《暗黒力》と《炎つぶて》まで採用し、
完全なる速攻勝負デッキである。

《人体発火》がHP1が多いこちらを苦しめ、相性はよくなかったが、
相手の事故もあり、辛くも勝利した。

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

1次予選3戦目(vs 乾燥わかめさん)

1次予選3戦目は乾燥わかめさん。
ブードラで鍛えたその勘はどのようなデッキを構築してきただろうか。

***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル、紫鏡、茶羽コックローチ、子鬼2、ねじれた鶏
next:手札抹殺

事故。

リドロー:闇のクリスタル、ねじれた鶏、子鬼、黒騎士、手札抹殺、黒コックローチ

仕方ないので勝負。
相手は無色のクリスタルから《モンゴリアンデスワーム》。
こちらはしっかりクリスタルを引いて【ねじれた鶏】【子鬼】と展開。
3ターン目【茶羽コックローチ】《ねじれた鶏》、
4ターン目【黒騎士】《ねじれた鶏》
5ターン目【ねじれた鶏】《暗黒力》と一歩も引かぬ展開。
しかし、クロックはこちらの方が大きく、
2枚目のクリスタルを引いて《幽霊鮫》を召喚するも【手札抹殺】で《突然死》を落とし、
クリーチャー量の差で勝負あり。

結果:勝ち(8ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:防闇円陣4
out:手札抹殺2、放射能汚染2

初手:闇のクリスタル4、、黒コックローチ、子鬼
next:防闇円陣

逆事故。

リドロー:闇のクリスタル3、茶羽コックローチ、黒コックローチ、黒騎士

まあしかたないか。
2ターン目引いた【防闇円陣】に対し《手札抹殺》。
きれいにコックローチ2体が落とされる。
しかし3ターン目4/4闇耐性【黒騎士】に対し《ねじれた鶏》。
さらにドローストックから引いた【茶羽コックローチ】を詠唱した時点で
相手が投了。

結果:勝ち(4ターン)
***************************************************
乾燥わかめさんのデッキは闇中型デッキ。
1ターン目無色のクリスタルから展開するパターンが理想形だろう。
しかし、《手札抹殺》がコックローチにヒットするなどついてないこともあり、
また、サイドの【防闇円陣】がきれいにはまり、クリーチャーが除去できなってしまったようだ。

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

1次予選2戦目(vs tricktrapさん)

奇抜なデッキのtricktrapさん。
サイドデッキといった特殊ルールではどんなことを仕込んでくるだろうか。

***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル、寄生爆弾2、黒コックローチ、子鬼、ねじれた鶏
next:ねじれた鶏

事故。

リドロー:闇のクリスタル2、ねじれた鶏、子鬼、茶羽コックローチ、紫鏡

ほぼパーフェクトな手札でスタート。
【ねじれた鶏】【子鬼】と展開するこちらに対し《魔力幇助》から《魔力加速》。
さらに《魔力幇助》リサイクルに《低速取得》とドローを加速。
こちらが【茶羽コックローチ】【黒騎士】と展開する中
相手は5、6ターン目にようやく《飛行亀》。しかし【紫鏡】で突破し勝負あり。

結果:勝ち(7ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:即死2、幽霊兵招集2
out:黒騎士2、放射能汚染2

初手:闇のクリスタル1、茶羽コックローチ、黒コックローチ、手札抹殺、ねじれた鶏、寄生爆弾
next:黒コックローチ

事故。

リドロー:闇のクリスタル、ねじれた鶏2、子鬼、黒コックローチ、幽霊兵招集

やばいけれど、1勝しているし、3MP2体なので勝負。
2ターン目ドローストックからしっかりクリスタルを引き【子鬼】を展開。
3ターン目【黒コックローチ】に対し《魔力加速》
4ターン目即《津波》に対し【黒コックローチ】。
5ターン目さらに《津波》だが【茶羽コックローチ】。
6ターン目必死にリサイクルし《対空魔神》を詠唱するが、さすがに8点クロックは防げず勝負あり。

結果:勝ち(6ターン)
***************************************************
tricktrapさんのデッキは速攻《首無しプラナリア》デッキ。
しかしこちらの速攻勝負には間に合わなかったようだった。
特に2戦目2回もの《津波》に耐えるようにコックローチが詠唱できたのは致命傷となった。

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

1次予選1戦目(vs ⑨郎さん)

一次予選1試合目はニューフェース⑨郎さん。
最近はチャットにも頻繁に顔を出し、対戦も多くこなしているようで
着実に腕を挙げてきているプレイヤーである。

***************************************************
第1戦

初手:闇のクリスタル2、紫鏡、茶羽コックローチ、黒騎士2
next:子鬼

相手が2回リドローしたところで、そのままスタート。
相手はドローストックから光のクリスタルを引き、
お互い2ターン目から【子鬼】《格闘僧》。
3ターン目【黒騎士】に対し《呪術排除》をリサイクルと厳しい展開。
4ターン目【黒騎士】《格闘僧》。
この間相手は《紫鏡》を警戒しノーガードでHP11。
5ターン目《メンデルの槍》×2となるが、ノーガードでHP2。
こちらは【子鬼】をさらに追加。
6ターン目《伊勢海老》がすぐに出るが【紫鏡】で突破し残りを削り勝負あり。

結果:勝ち(6ターン)
***************************************************
第2戦

サイド変更
in:即死2
out:手札抹殺2

初手:闇のクリスタル1、茶羽コックローチ2、黒コックローチ2、紫鏡
next:子鬼

事故。

リドロー:闇のクリスタル2、子鬼2、黒騎士、黒コックローチ

相手は《ツンデレ娘》からスタートで厳しい。
2ターン目【子鬼】に対し《格闘僧》。
3ターン目《シルバーバレット》されるがさらに【子鬼】。
しかし4ターン目天敵《聖騎士》5ターン目《天使装甲Ⅱ》と決まり、勝負あり。

結果:負け(6ターン)
***************************************************
第3戦

サイド変更
in:即死2、防闇円陣2
out:手札抹殺2、黒コックローチ、ねじれた鶏

初手:闇のクリスタル、子鬼2、ねじれた鶏、茶羽コックローチ、防闇円陣
next:闇のクリスタル

《ツンデレ娘》《格闘僧》《ツンデレ娘》に対し
【防闇円陣】【子鬼】【子鬼】。
しかし【茶羽コックローチ】【ねじれた鶏】【茶羽コックローチ】と続くこちらに対し
《聖騎士》2体に《天使装甲Ⅱ》で大ピンチ。
【寄生爆弾】で《聖騎士》1体を落とすも
《因果応報》で【茶羽コックローチ】を2体落とされ、手札もクリスタルだけ...
といったところでまさかの切断。


結果:途中切断(10ターン)
***************************************************
第4戦

サイド変更(3戦目と同じ)
in:即死2、防闇円陣2
out:手札抹殺2、黒コックローチ、ねじれた鶏

初手:闇のクリスタル4、茶羽コックローチ、黒コックローチ
next:防闇円陣

逆事故の予感。相手のクリスタル配置を見てリドロー。

リドロー:闇のクリスタル、ねじれた鶏、防闇円陣、放射能汚染、紫鏡、黒コックローチ

事故が怖いがもはや勝負あるのみ。
予想通り(?)2ターン目にクリスタルを引けないが【防闇円陣】【ねじれた鶏】と必死に展開。
相手は、《ツンデレ娘》《格闘僧》とつなぐ。
3ターン目は相手動きなし、こちらは【ねじれた鶏】。
4ターン目ここで【放射能汚染】でリセット。
しかし現れた【首なし鶏】2体に《メンデルの槍》×2。
何とか【黒コックローチ】でクロックをまわす。
天敵《聖騎士》に今引きの【即死】。
【ねじれた鶏】《ツンデレ娘》《格闘僧》《伊勢海老》と並ぶが
【放射能汚染】でまたリセット。

そして【茶羽コックローチ】が捨てた【黒コックローチ】とやられた【黒コックローチ】を呼び戻し、
【ねじれた鶏】が召喚される間相手は展開無し。
《因果応報》×2《メンデルの槍》で【黒コックローチ】残り1体となるが、
【紫鏡】で《伊勢海老》し、手札に【即死】を残し勝負あり。
最後の方は相手はクリスタル地獄に悩まされたようだった。

結果:勝ち(16ターン)
***************************************************
⑨郎さんのデッキは天使装甲ビートダウン。
《生命変換》や《メンデルの槍》《因果応報》といったところが珍しいところか。
はっきり相性は悪かったし、実際の展開も厳しかった。
途中切断になっていなければ3戦目で勝負があったところであった。
***************************************************

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

第15回FTTデッキ紹介

ということで、決勝は激戦の上、3勝で準優勝だった、FTT15回大会のデッキです。

2010SideCupと似たようなデッキです。


ただし、前回の教訓としてやはり押しが弱かったので、
闇の基本となる【子鬼】や【黒騎士】あるいはサイドボードでの【幽霊兵】等
Atk3クリーチャーで押していく作戦も取り入れました。
後は微妙だった【恐怖症】を【寄生爆弾】に変更。
クリスタル13枚なので安定度を重視し全て5MP以下の呪文で構成されています。

結論は一度も日の目を見る機会がなかったサイドボードの【盗掘】は
何かに変更するのが良かったようでした。
(【対抗対抗呪文】あたりか...)
一応コックローチミラー対策だったのですが【防闇円陣】で事足りたようで...

他のサイドはどれも役に立ちました。
特に【幽霊兵招集】は遅いデッキに対し、
3ターン目に詠唱できれば絶大なる威力を発揮しました。
【防闇円陣】も1ターン目動ける可能性を増やし、
【即死】も役に立つ場面がありました。
15thdeck

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

新カードレビューなど(ver2.20)

久しぶりの新カードバージョンレビューをしてみます。

●火炎の宝石 / Jewel of Flame [ 0(-) / 400f ]
最大MP+1
炎属性値+1
・自爆[ 0(炎炎) / 250f ]
対象のクリーチャーに1点のダメージを与える。火炎の宝石を完全破壊する。

属性スキルクリスタル炎版。確かに汎用性大きい。
アクティブインを大事にするデッキ以外には全投入?


●水泡の宝石 / Jewel of Bubble [ 0(-) / 400f ]
最大MP+1
水属性値+1
水泡の宝石が場から離れたとき、あなたは1MPを得る。
・生け贄[ 0(水水) / 0f ]
水泡の宝石を完全破壊する。

使い方が難しそうなスキルクリスタル水版。
1ターンだけ+1MPということで、フィニッシャー呪文をここぞというときに使うか。
早めのフィニッシャーか。


●風誕の宝石 / Jewel of Birth [ 0(-) / 400f ]
最大MP+1
風属性値+1
・召喚(ジュエルビースト)[ 3(風風風) / 350f ]
対象のあなたのフィールドにジュエルビーストを召喚する。風誕の宝石を完全破壊する。

☆ジュエルビースト / Beast of Jewel [ 3(風) / 0f ]
トカゲの召喚
Atk=2 , HP=2
飛行防御
[デッキ投入不可]
・配置(風誕の宝石)[ 4(風風風) / 50f ]
対象のあなたのフィールドに風誕の宝石を配置する。ジュエルビーストを完全破壊する。
0fを主体とする風ビートなら全投入。
他は...速度を犠牲にしても入れるかどうかは微妙か。
召喚も350fだし。


●再輝の宝石 / Jewel of Resparkle [ 0(-) / 400f ]
最大MP+1
光属性値+1
再輝の宝石が場から離れたとき、光のクリスタルを場に出す。

強烈なクリスタル破壊対策。
500fを基本構成とする光ビートなら全投入。
他はどうか...
普通の対戦だと遅いだけだし...


●暗欲の宝石 / Jewel of Avarice [ 0(-) / 400f ]
最大MP+2
闇属性値+1
2ターン後のターン終了時に暗欲の宝石を完全破壊する。
ターン終了時にあなたへ2点のダメージを与える。

これは強烈なスーサイドクリスタル。
ただし2ターンだけ。
使ってみないと分からないが、なんだかんだ言って使いどころが難しそう。
1ターン目なら腐肉象だけど...


●増魔の宝石 / Jewel of Magical Amp [ 0(-) / 100f ]
最大MP+2
[対戦相手]
最大MP+1

とりあえずMP増強。属性が確保できないので無色のクリスタル等と合わせて
属性薄い大型デッキに使うくらいか?


○森のシルフ / Forest Sylph [ 5(風風) / 50f ]
鬼の召喚
Atk=2 , HP=3
森のシルフが場に出たとき、全てのクリーチャーは風耐性-2を得る。

膠着状態になったら辛い風単の打開策となるか。
ビートダウン視点だとこれを入れるなら【ヴァルキリー】の方がいい?


●秘密警察 / Agent of Secret Police Force [ 4(風風) / 450f ]
人間の召喚
Atk=1 , HP=1
→スタン[ 2(風風) / 100f ]
対象のクリーチャーはノンアクティブ状態になる。

強力なコントロールクリーチャー。
色々と悪さしそうです。再構築デッキにでも入れる?
逆にこのカードが存在することで【シルバーバレット】の価値が上がるかも?


●指導者の石像 / Statue of the Leader [ 3(風) / 300f ]
最大MP+1

旧【魔力幇助】。ホード復活の第1章か。
2ターン目【ヴァルキリー】から5MPクリーチャー撃ち放題となればかなり強力。
【タスマニアデビル】や【有袋類の化身】を組み合わせるとかなり強いという噂も...

というか【直下型流星群】修正されたんですね。
そんなにつまらないかなあ、メテオデッキの相手。
全生猫や再構築の方がやっててつまらない(対抗策が無いと感じる)のは
主観的な感想ですが...

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »