« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月23日 (土)

第2回単色ビートダウン大会(水編)デッキ登録所

ルールなどはこちら

この記事のコメントにて大会使用デッキのCRCをコメントください。
(CRCとはデッキエディターの「DeckData」に出てくるものです)

テンプレート:
【お名前】
【CRC】
【コメント】

| | コメント (7)

第2回単色ビートダウン大会(水編)

ということでシリーズ第2回水編です。皆様ぜひご参加ください。

開催(対戦可能)期間:3/2(土)20時より3/17(日)24時まで

登録は登録所へ。

(*注意*)登録期間は特に設けませんので、途中参加も可能です。


レギュレーション:無色および水属性単色カードのみ全エキスパンション詠唱可能。


対戦バージョン:2.24


対戦における特殊ルール:対戦において、「勝負が決まる一手」が、対戦相手コントロールのクリーチャーによる戦闘ダメージでなければいけない。

これに反する場合は、「勝負が決まる一手」をした方がその1戦の負けとする。

注意: 「勝負が決まる一手」は詠唱順ではなく、効果発動順で「最後の一手」を指すものとする。

注意2:勝負が決まる一手がダメージの場合は「そのダメージソースとなるカードのコントローラー」が反則負けとする。


(例1) バトルスペル損害賠償によるダメージで相手を倒した場合負け。

(例2) ライブラリアウトで相手を倒した場合「その原因を作った方」の負け(判断不能の場合引き分け)
再構築詠唱やリサイクル・ドローありのカード詠唱などを考慮して対戦者で判断。

(例3) メルトダウン等のダメージで両者HPが0になった場合、その呪文を詠唱した方が負け。

(例4) プレイヤーAが短距離弾道ミサイルをFC、この時点でプレイヤーBのHPは8点。
BはAの短距離弾道ミサイルが発動する直前に派手に誤爆を使用。BのHPは残り3点になり、
直後にAが詠唱していた短距離弾道ミサイルが発動、HPが0に。ルールでは勝負が決まる一手はクリーチャーの直接攻撃でなければならず、ソーサリーのダメージでプレイヤーBを倒してしまったプレイヤーAは反則負け。

(例5) 損害水晶を置いて、自分のHPを0以下にした場合、そのプレイヤーの負け。

(例6) プレイヤーAが鋭利な手札を場に出しているところ、HP1の状態でプレイヤーBがリサイクルした場合、
プレイヤーAの鋭利な手札が発動し、プレイヤーBのHP0に。
プレイヤーAのコントロールしている鋭利な手札が「最後の一手」なので、プレイヤーAの反則負け


対戦ルールは以下の通り:

1.全ての登録者相手に1度対戦をすることができる。

2.1度の対戦では登録デッキでの対戦を3戦必ず行う。
注意:引き分けがあっても3戦のみ行う。

3.3戦の結果を本ブログの対戦報告所に報告する。


順位の付け方は以下の通り:

1度の対戦で0勝の場合は0点、1勝の場合は1点、2勝の場合は3点、3勝の場合は6点とし、
全ての対戦での得点を合計する。
この合計点の大きい方から順位を付ける。

質問・疑問などありましたら、この記事にコメントをお願いします。

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

第1回単色ビートダウン大会(炎編)感想はここに

参加された皆様ありがとうございました。

対戦ルールや順位づけ、対戦期間、登録期間方法、その他、何でもありましたら、コメントいただければ幸いです。

なお、次回大会もあまり時間を空けずに、と思っていますので、よろしくお願いいたします。

参加できなかった方からのコメントも大歓迎です。

| | コメント (4)

第1回単色ビートダウン大会(炎編)対戦動画

vs NASさん

vs だんぱさん

vs ただ今移動中さん

vs 加減乗除さん

vs itachiさん

vs ミキョウさん

vs 乾燥わかめさん

vs YASUSHIさん

| | コメント (0)

第1回単色ビートダウン大会(炎編)大会結果

大会結果は以下の通りでした(敬称略)。

1位 ひで (3勝3回、2勝4回、1勝1回計31点)

2位 ミキョウ (3勝2回、2勝2回、1勝4回計22点)

3位 だんぱ (3勝2回、2勝2回、1勝2回計20点)

4位タイ ただ今移動中 (2勝3回計9点)

4位タイ YASUSHI (3勝1回2勝1回計9点)

6位 加減乗除 (2勝2回、1勝1回計7点)

7位 NAS (2勝1回、1勝3回計6点)

8位 itachi (1勝4回計4点)

9位 乾燥わかめ (1勝2回計2点)


皆様大会参加ありがとうございました。

| | コメント (0)

第1回単色ビートダウン大会(炎編)デッキ紹介

ということでデッキ紹介です。

Convention1


YASUSHIさんのFTT16th使用デッキおよびだんぱさんの考察記事にインスパイアされてできたデッキ。

なんだかんだで1ターン目無色のクリスタルが出せれば5MP以上のクリーチャーで相手を圧倒できます。

事故率とデッキ回転率の関係でターボメテオを外してこちらを選択。

スライは《炎の壁》が出たらつらいなあと思って外したが、《炎の壁》自体ほとんど環境にいませんでした。

ドローで【重装備】や【火炎円陣】が引け、【重装備】を付けて5HP以上にして、

相手の防御クリーチャーを除去してから攻撃が基本。

【轟炎巨人】は0MPでの【火炎弾】付きなので、出れば圧倒的なアドバンテージを稼いでくれます。

さらに後手持ちですが、HP4も貴重。【年老いた教官】での継承でもHP5になるので、《焼却》に耐えられます。


大会ではスライ相手に2ターン目5MPが出ずに防戦一方で負けた対戦がいくつかありました。

《火炎放射》や《焼却》を警戒しながらの防戦はかなり厳しかったのが正直なところでした。


ターボメテオ相手ではそれなりの速度とHP5攻勢とメテオに合わせたHP4召喚で結構対応できました。

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

第1回単色ビートダウン大会(炎編)対戦報告所

対戦報告はこの記事にコメントしてください。

| | コメント (25)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »