« 第2回単色ビートダウン大会(水編)大会結果 | トップページ | 第2回単色ビートダウン大会(水編)対戦動画 »

2013年3月18日 (月)

第2回単色ビートダウン大会(水編)デッキ紹介

Convention2jpg


今回は皆さん忙しかったようで、考察記事がなかったため、自分で考察しました(笑)。

水は膠着しがちだと思ったので、呪文を通したり、攻撃を通したりすることを主眼におきました。


いつもは鉄板の【水神の下僕】ですが、【対空魔神】がそれほど遅すぎない環境と考えたためパス。


【クリッター】も考えましたが、意外と分裂にMPを取られるので運用が難しいこと、

【霊魂逆流Ⅲ】である程度対処可能なことを考え、これもパス。


【湖畔の滑走路】から潜水クリーチャーという構成も【対空魔神】1体で厳しくなるのでパス。


結局フィニッシャーを今まで日の目を見なかったと思われる【寡黙なプラナリア】にしました。

ステルス能力や帰還スキルがあるため、除去体制は抜群。

しかも、バトルスペル除去がない環境なので、ほぼ無敵でした。

相手が呪文を詠唱してくれれば通りますし、自分で【霊魂逆流Ⅲ】や【精神末梢】を詠唱中でも防御不可。


また、【呪文加速】は【霊魂逆流Ⅲ】やフィニッシャー、

あるいは相手の通常詠唱《対抗呪文》や《精神末梢》に対するカウンターとして大活躍しました。

さすがに、こればかり3枚来たときは困りましたが...


対戦ではとにかく事故らなければいい線という感じで、1ターン目無色、2ターン目水クリとなるかどうかが勝負という感じでした。


なお、相手から《超移動》がくることを読めていれば【寡黙なプラナリア】のスキルを事前に用意しておくことで対応できたり、

【呪文加速】で相手クリーチャーの攻撃に0f召喚と同じように対応できたりします。

詳しくは対戦動画をご覧ください。

|

« 第2回単色ビートダウン大会(水編)大会結果 | トップページ | 第2回単色ビートダウン大会(水編)対戦動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第2回単色ビートダウン大会(水編)大会結果 | トップページ | 第2回単色ビートダウン大会(水編)対戦動画 »