2006年8月29日 (火)

第8回大会対戦記8

*******************************************************************
1戦目

最終戦はCPU戦の鬼、陣内さん。
どんなデッキかと思ったら...

風のクリスタルに《魔力幇助》。完全なミラーマッチw
そしてこちらは【魔力幇助】なし。
この対決では1ターンの違いが生死を分けるのは当然。
クリーチャーも相手はきれいに《コーカサスオオカブト》4体(!)。
こちらは【風神の下僕】も含めており、ただ死にあり。
速攻で殴り殺され終了。

結果:負け(5ターン)
*******************************************************************
2戦目

2戦目も同様に相手は《魔力幇助》ありこちらはなし。
今度は大量勝負ではなく、《コーカサスオオカブト》に【重装備】がのる。
こちらは3ターン目から【コーカサスオオカブト】【竜巻巨人】。
さらにお互い【コーカサスオオカブト】《コーカサスオオカブト》を追加。
攻撃して探りを入れる。
6/6《コーカサスオオカブト》がブロックしてきたがこれをスルーすると...
相手もスルーw
これで勝負あり。
《風神の下僕》で加速しだし、【超進化】付き【竜巻巨人】をきっちり《超進化》付き6/6で止められ、終了。

結果:負け(9ターン)
*******************************************************************
2戦目に実力が如実に現れたミラーマッチ。

というかレシピはほぼ同じだと思います。《重装備》とか入ってるしw

結局こういう読みは弱いんだよなあ。
ということで、ここで、今回の大会は終了。
大会対戦記もここで終了です。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月28日 (月)

第8回大会対戦記7

*******************************************************************
1戦目

第3戦は時代の先駆者TAKOさん。
というかそれ以前に最近事故気味なのがちょっと気になるが...

何とか運よく【魔力幇助】ありで3ターン目に【ヴァルキリー】×2
さらに【コーカサスオオカブト】。
しかし《溶岩巨人》から何と《多段結晶破壊》。
さらに《溶岩巨人》が現れる。そして《煮え立つプラナリア》。
全軍突撃で何とか《溶岩巨人》は巻き添えにするが大ピンチ。
【コーカサスオオカブト】を召喚するもさらに《多段結晶破壊》。
そして《煮え立つプラナリア》。
せっかくの【風神の下僕】も吹き飛ばされ、一気に逆転で投了。

結果:負け(8ターン)
*******************************************************************
2戦目

今度も【魔力幇助】あり。
2ターン目から【風神の下僕】【竜巻巨人】×2と怒涛の展開。
相手は《多段結晶破壊》を唱え、《突撃兵》を出すが、きちんとクリスタルを引いてくる。
1体を《火炎の鎧》でやられるがさらに【竜巻巨人】。
最後は【超進化】をのせてトドメをさした。

結果:勝ち(6ターン)
*******************************************************************
3戦目

1度引きなおしで【魔力幇助】なし。何とかクリスタル3枚は確保するが...
相手は《魔力補助》で《溶岩巨人》《突撃兵》《多段結晶破壊》ときれいに展開してくる。
さらに《溶岩巨人》。
一度失ったテンポは元に戻らず、こちらは【ヴァルキリー】×2【風神の下僕】だけ。
何とか【緊急進化】で《突撃兵》を1体倒すが沸いてくる《突撃兵》さらに2体。
こちらはMP不足でクリーチャーが増やせず、そのまま押し切られて負け。

結果:負け(7ターン)
*******************************************************************
今回のメタを読みきったようなTAKOさんのデッキ。
いわゆる炎単ホードで、大型クリーチャー満載しつつ相手のクリスタルを破壊。
炎単ホードは5MPの《溶岩巨人》が2ターン目に出ると強力。

しかし、5MPより6MPや8MPがメインなので、
風単ホードとはデッキバランスがずいぶん違う。
3回とも回っていたのでクリスタル比率は多目なのだろう。
何はともあれ完敗でした。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月27日 (日)

第8回大会対戦記6

*******************************************************************
1戦目

第2戦は絵師で有名なNevesさん。
普段の対戦では運よくもかなりの勝率ですが、やはり大会となると...

闇のクリスタル《水晶の髑髏》...
ああ闇だあ。やばいんじゃ...
と思ったら2ターン目には風のクリスタルから3/1《音速猫》。
これはピンチ。
しかもこちらはスロースタート。3ターン目にようやく【ヴァルキリー】を召喚するが、
何と《再構築Lite》。
そして《茶羽コックローチ》×2と順調にクリーチャーを展開してくる。

...ってコックローチかよw

その後【竜巻巨人】をブロッカーにおき、相手のMPの隙を狙って攻撃。
【緊急進化】を見抜けなかった相手は3/1《音速猫》をつぶしてしまう。
そしてコックローチばかりになって、こちらは3/3か4/4か2/2飛行。
相手は1/1や3/2、2/1。サイズ勝ちしてしかもバトルスペル豊富だったので、
どんどん攻撃してそのまま押し切って勝利。

結果:勝ち(8ターン)
*******************************************************************
2戦目

【魔力幇助】にクリスタル一つ。引きなおしても同じパターン。
これは事故の予感...
しかし2度引きなおしよりクリスタル1枚引きに賭ける。
...というか《再構築Lite》までされたのにクリスタルは引かないってどういうことでしょうw

一応【魔力幇助】を引いて4ターン目に【風神の下僕】を詠唱するが
明らかに遅すぎw
《音速猫》とコックローチ2体に殴られ《超進化》《乱気流突撃》で速攻フィニッシュ。

結果:負け(5ターン)
*******************************************************************
3戦目

決勝戦。
またもや《再構築Lite》。そして《音速猫》。
こちらは【コーカサスオオカブト】を展開するが
さらなる《再構築Lite》でクリーチャーを捨てさせられてしまう。
ここから落ち着き両者共にクリーチャーを展開。
【コーカサスオオカブト】に《超進化》を使わせ、【竜巻巨人】【風神の下僕】【ヴァルキリー】と展開していく。
相手は捨てておいたコックローチを一気に引き戻し、場には4体ものコックローチ。
うかつに手を出すとしっぺ返しが待っていそう。
ちびちび【ヴァルキリー】で攻撃するがいよいよ《突然死》にやられる。

そして詠唱されたのは...《古びた研究所》。
微妙なHPコントロールが必要に。さすがに《派手に誤爆》はないだろうからHP7くらいまでokなはず。
そんな中手札は【超進化】×3に【緊急進化】のバンプアップ祭りw
【竜巻巨人】に【重装備】をかけ対策させつつ、他のクリーチャーでちびちび殴る。
復活していたコックローチも連続バンプアップ攻撃で殲滅。
そして残りHP6のところ、【コーカサスオオカブト】の攻撃が通って迷わず【超進化】。
《突然死》は喰らわず、そのまま勝利。

《突然死》はおそらく1枚であるため巨人用にとってあったのだろう。

結果:勝ち(14ターン)
*******************************************************************
出たー。
コックローチ。
しかも《水晶の髑髏》に《音速猫》。
なかなかよいデッキだと思います。
《再構築Lite》がデッキの鍵...かな?
やはり大型クリーチャーがいないのがネックだったかも。
少しだけ《首無しプラナリア》とか《無限のプラナリア》とか入っていると悶絶だったかもw

いつもはチャットも決行するのですが、
終わったらすぐに行ってしまわれました。残念。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

第8回大会対戦記5

*******************************************************************
1戦目

大会は三つ巴状態が発生して予選勝ち抜き者続出しすぎということで
急遽行われるようになったエキストララウンド。
ビギナーAは5人いるので2人が(今度こそ)決勝に進出です。

第1戦は闇のお姉さんことあの有名なブログのSpANKさん。
そしてデッキには当然...

第1ターン闇風鉱
やっぱりw

両者とも【魔力幇助】《魔力幇助》で始まる。
【ヴァルキリー】に対し《コモドドラゴン》。
これでMPのアドバンテージがあるうちに【竜巻巨人】【コーカサスオオカブト】【風神の下僕】と展開する。
相手は《コーカサスオオカブト》に《幽霊鮫》。
鮫を【風神の下僕】でチャンプブロックするとこちらの【超進化】を警戒して《超進化》。
でもこちらはスルーw
相手がクリーチャーを追加しないがこちらはさらに【竜巻巨人】【風神の下僕】と追加し、
何となく攻撃状況から《突然死》とか《超進化》とかなさそうだなあ、と思って全軍突撃。
思ったとおりで、すでにHPが減っていた相手はこちらの数に押されてブロックしきれず、投了。

結果:勝ち(9ターン)
*******************************************************************
2戦目

2戦目は1度引きなおすとこれまた【魔力幇助】から【ヴァルキリー】【竜巻巨人】と理想の展開。
相手も《魔力幇助》から《コーカサスオオカブト》を展開するが次が...《流砂の渦蜘蛛?》?!
クリーチャーがあまりなさそう。

そして闇属性が1つ...
対ホード最強兵器である《突然死》も《ロボトミー殺人事件》も使えないまま、
さらに【コーカサスオオカブト】を追加し、殴っているだけで勝利してしまった。

結果:勝ち(5ターン)
*******************************************************************
やっぱり闇ですねー
と終了後聞くと
「期待は裏切れませんでしたw」
とのことw
イメージは自分を縛ってしまうものかもしれませんねw
でも、まあ好きな属性だからこそうまく回るということもありますから
一概に悪いとは言えませんが...

あとはやはりSpANKさんといえば事故w
2戦目はきれいに属性事故をおこしていらっしゃいましたw
ご愁傷様でした。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月25日 (金)

第8回大会対戦記4

*******************************************************************
1戦目

ビギナーC最後の試合は南瓜二等兵さん。
炎が好きということで、恐怖のバーンデッキと思いきや...

南瓜二等兵は闇水鉱を詠唱し始めた...ん?

【魔力幇助】から【ヴァルキリー】を展開するが、2ターン目に《手札抹殺》。
【超進化】【重装備】と落とされ、一気に手札が1枚に。
しかも闇属性が2枚集まってうかつに手を出せない。
...しかし相手が事故って《呪文掌握》やら《対抗呪文》やらが捨てられていく。

相手のクリスタルよりこちらのクリーチャーの引きのほうが早く、
【風神の下僕】【コーカサスオオカブト】と展開。
《突然死》を受けながらも本体に【超進化】を叩き込む。
しかし【コーカサスオオカブト】を追加し、さらなる《突然死》を受けながらも
【緊急進化】を本体に叩き込み、勝利。

結果:勝ち(11ターン)
*******************************************************************
2戦目

1回引きなおしの相手。
こちらはまたもや【魔力幇助】にクリスタル2枚の絶好の初手。
何と相手がクリスタル1枚の大事故をしているうちに【ヴァルキリー】【コーカサスオオカブト】を並べ、
さらに【ヴァルキリー】【コーカサスオオカブト】。
《手札抹殺》で手札をすべて叩き落されるが、すでに3/3クリーチャーが場に4体。
さらに【竜巻巨人】を引いて、後は攻撃しまくって勝利。

事故おつです。

結果:勝ち(7ターン)
*******************************************************************
ということで2戦とも事故気味でうまく回らないまま勝利してしまいました。
カウンターガッサーということで、
ガッサーが展開されるとかなりつらい展開を強いられるところでしたが...

というか前回の大会のイメージが強すぎて、アクアプレスが頭から消えず、
バーンが実はよかったのでは?というお話でした。
やはり自分の好きなデッキで出るのがいいのか(笑)。
*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

第8回大会対戦記3

*******************************************************************
1戦目

大会3戦目は陽神棒さん。
...というかデッキ名に「追撃風」の文字がwホードなんですがw

かるく《コクワガタ》×3が展開されるが
【風神の下僕】【竜巻巨人】が並び、ほぼ詰みw
相手には大型クリーチャーがなかなか現れず、
ようやく現れた《コーカサスオオカブト》も【竜巻巨人】に【超進化】をのせて粉砕。
ということで相手が投了。

結果:勝ち(6ターン)
*******************************************************************
2戦目

クリスタル3枚に【竜巻巨人】×2といった重い手札を流し、
何とか3ターン目から展開できる手札をゲット。

しかし、相手は《竹林の加速機》上に《竜巻巨人》が現れ、一気にピンチ。
しかも本体に《超進化》を打ち込んできて一気に勝負をかけてくる。

ターン終了間際を使って微妙にクリーチャーを増やすといったせこい術を使いつつw
相手をクリーチャー数で圧倒し始める。
相手の先手付き《超進化》付き《竜巻巨人》の攻撃は
何とか【超進化】つき2体ブロックで貫通ダメージを防ぐ。
おそらくこれで相手の《超進化》は最後。
そして、最後は【風神の下僕】が空路でのクロックを回し始め、
地上もクリーチャーを毎ターンだしまくって膠着状態にしたところで相手が投了。

結果:勝ち(12ターン)
*******************************************************************
何といっても相性勝ちですな。
2戦目は手札に《追撃風》が2枚もあったそうで...
それだけ無駄カードが多いとつらいですね。
しかし、2戦目に先手付き《竜巻巨人》が速攻で現れたときはやばかったです。
本体に《超進化》を使ってくれたのがこちらにとってよい方向に働きました。
これでクリーチャーを粉砕されていたら結構微妙だったかも?

*******************************************************************

| | コメント (0)

2006年8月23日 (水)

第8回大会対戦記2

*******************************************************************
1戦目

大会2戦目のお相手は期待のニューフェース、フォーゼさん。
勝率60%台ということでなかなか強そうです。

【魔力幇助】から【コーカサスオオカブト】×2【ヴァルキリー】と展開。
相手は3ターン目から《コーカサスオオカブト》×2。
相討ちしたり、《超進化》でやられたりしながらクリーチャーを絶え間なく追加。
そしていよいよ双方に【竜巻巨人】《竜巻巨人》が。
しかし、ここでMPがないのに相手が突撃してきて、
2体ブロックで《竜巻巨人》を【竜巻巨人】で《コーカサスオオカブト》を何もせずに倒してしまい、
相手が投了。

結果:勝ち(7ターン)
*******************************************************************
2戦目

また調子よく【魔力幇助】から【ヴァルキリー】【コーカサスオオカブト】と展開。
相手も《魔力幇助》《ヴァルキリー》で《超進化》で【ヴァルキリー】がやられるも、
さらに【竜巻巨人】を追加。
相手は《風神の下僕》《ヴァルキリー》と追加し、
さらに相手にも《竜巻巨人》が現れ、場は膠着状態。

こちらがクリーチャーを引かないところで相手はクリーチャーを増やしていく。
仕方ないので突撃。
ここで【竜巻巨人】を2体ブロックされる。
考えた挙句、【超進化】を温存したが、相手も何も使わなかった...
で、次に引いた【竜巻巨人】に【超進化】をのせたが、
当然今度は《超進化》付き2体ブロックが待っていて、投了。

結果:負け(11ターン)
*******************************************************************
3戦目

いよいよ3戦目。
今度は【魔力幇助】がなく3ターン目から発進。
相手は《魔力幇助》から2ターン目から発進か...と思われたがやや事故で
2枚目のクリスタルが3ターン目だったので
同時に【ヴァルキリー】【コーカサスオオカブト】《ヴァルキリー》《コーカサスオオカブト》を召喚。
しかし、相手には《竜巻巨人》が。
ここで相手のクリーチャーが止まるが、
こちらはさらに【コーカサスオオカブト】【竜巻巨人】【ヴァルキリー】【ヴァルキリー】と続き、クリーチャー数で圧倒。
《支援盗み》で【竜巻巨人】【超進化】がやられるといった奇襲があったが、
全軍突撃で1体《竜巻巨人》にやられるが、
そのまま2枚目の《支援盗み》はなく、【超進化】をのせて一気に残りHP11を削って勝利。

結果:勝ち(10ターン)
*******************************************************************
2戦目にしてネタかぶりw
《支援盗み》の選択はメタをホードと読んでの勝負で、見事にはまりましたw
フォーゼさんいわく「対ホード最終兵器」だそうです。
*******************************************************************

| | コメント (0)

第8回対戦記1

*******************************************************************
1戦目

FTT主催第8回大会
結構忙しくて盛り上がっていた大会初日夜と、
その次の日の夜には参加できず、ビギナーCの対戦も私以外全部終わっていましたw

が、何とか対戦時間が確保できサーバーをたてていたら...
対戦相手が来ないーw

と思ったら、まったり待っているときましたのはNyarさん。
以前は犬関係のHNでしたが、猫デッキを使うと嫌われてうまく回らないと
途中でHNを変えたNyarさんと第8回大会の初戦。

【魔力幇助】《魔力幇助》から【風神の下僕】《黒騎士》、さらに【ヴァルキリー】。
相手が《水晶の髑髏》を出して準備をしている間に
さらに【竜巻巨人】を出して殴る殴る。

いい感じだったが、ここで現れるはホードの天敵《怪人マッド・ガッサー》。
しかし、相手のミスで《怪人・マッドガッサー》がアタック。
これを2体ブロックで止めて、撃破したところで相手が投了。

結果:勝ち(7ターン)
*******************************************************************
2戦目

お互いクリスタルを並べるだけで過ぎる2ターン。
相手は闇属性が1つしかなく、事故気味。
その間に【風神の下僕】【竜巻巨人】×2と並べる。
しかし、ここで闇のクリスタルを引かれ《怪人マッド・ガッサー》。
そしてさらに3体もの【竜巻巨人】が次々と《突然死》にやられてしまう。

しかし、もう《突然死》はないだろうと予想し、
【風神の下僕】に【重装備】をファストキャスト。
最後は【超進化】をのせて
《怪人マッド・ガッサー》のペナルティをものともせず殴り勝ち。

結果:勝ち(9ターン)
*******************************************************************
ホード対策...のデッキだったらしいですが、
ホードで殴り勝ってしまいましたw
1戦目はプレイミス、2戦目は事故で何とかこちらが勝利でしたが、
うまく回っていたら相性的にはやはりよくなかったと思われます。
《ロボトミー殺人事件》とかもこなかったですし。
*******************************************************************

| | コメント (0)