2006年11月23日 (木)

第9回大会対戦記(round2,Lazyさん)

恐怖リーグ2戦目はLazyさん。

お互いの都合もありぎりぎりの対戦となってしまいました。


------------------------------------------------
第1戦
【メカハナアルキ】と【プラズマ射出】で《閉ざされた裏門》を破壊。
しかし2ターン目には《防衛線》が2枚張られ、
3、4ターン目には《閉ざされた裏門》連続召喚。
ほぼ攻撃するすべを失ったこちらに対し、あとは余裕で《エネルギー変換機》を並べる。
そして《短距離弾道ミサイル》《手榴弾》なども手伝って、
クリーチャーを並べるも壁を突破できず、もはや抵抗不能で投了。

結果:負け(11ターン)
------------------------------------------------
第2戦
【オゴポゴ】【メカハナアルキ】と展開するが、
2ターン目には《閉ざされた裏門》《防衛線》とそろっており、すでにお手上げ。
《エネルギー変換機》も出てしまい、あとは相手のコントロールの上で踊らされる。
【オゴポゴ】も【タキタロウ】も《火炎円陣》や《エネルギー変換機》の前には無力で、
そのまま焼かれて終了。

結果:負け(ターン)
------------------------------------------------
ということでランドスペルバーン3連戦という何とも...な大会でした。
個人的にランドスペルバーンが嫌いなので使わないという縛りをかけたわけですが、
やっぱり無理でした。
というか《ジャージーデビル》にも勝てないか...
ダメじゃん。

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

第9回大会対戦記(round2,七誌さん)

Meiさんとは対戦できずに不戦勝扱い。
ということでやってきました予選第2ラウンド。
何と組み合わせは強豪七誌さん、Lazyさん。
うわー、何これ。

第2ラウンド1戦目は七誌さん。
ABCD界では知らない人はいない、七誌@ABCD(仮)管理人。
勝率は脅威の69%台。
そして、鋭いメタの考察、そして華麗なプレイに裏打ちされた輝かしい大会戦歴。
びくびくしながら、対戦しようとチャットに入ったら...

「今日は対戦できないことをお伝えしようとして待っていたのですよー」

とのこと(11/6)。

しかし、時はついにやってきた。11月8日。
21時前までサーバーをたてていたが(大会限定にはしていなかった)、誰も来ず。
一度サーバーを落として、少したってサーバーを見ると「ひでさん待ち」の七誌さんサーバーが。
びくびくしながら、とりあえず風呂に入るw
出ても当然サーバーは落ちていなかったので、意を決してチャットロビーへ。
そしてサーバーへ突撃。

------------------------------------------------
第1戦

1度引きなおして、クリスタル2枚に【オゴポゴ】【水神の下僕】となかなか。
2,3ターン目に【オゴポゴ】、4,5ターン目に【水神の下僕】を召喚し、イケイケムード。
相手は《三本足の玩具人形》に《エネルギー変換機》といった典型的なランドスペルバーン。
しかし、微妙に3体の場のクリーチャーをずらして攻撃といった
姑息な手段で、次ターンの50f直前を狙っていた、
相手のランドスペル攻撃のタイミングを外しw
微妙に次ターンの攻撃可能フレームに間に合ってしまう。
そしてトドメは【手榴弾】。

結果:勝ち(7ターン)
------------------------------------------------
第2戦

クリスタル予告あわせて4枚、【タキタロウ】2枚とこれはなかなか後半が楽しみな感じ。
【オゴポゴ】を出すが早速《三本足の玩具人形》《エネルギー変換機》がそろってしまう。
相手が【オゴポゴ】をランドスペル攻撃で倒しにたので先に【車爆弾】でドローをゲットw
とかしつつ、《猛火の化身》のアクティブイン攻撃も【魔力変換】で【タキタロウ】召喚のMPに。
そしてちゃんとクリスタルを引いて7MPそろったところで2体目の【タキタロウ】【短距離弾道ミサイル】。
相手はクリスタル攻撃でダメージを与えてくるが、いよいよミサイル発動ターン。
相手のHPは10。
都合よく【手榴弾】を持っていたため、《生命変換》などの危険もなく勝利。

結果:勝ち(11ターン)
------------------------------------------------
うーん、引きが良かった。
1枚挿しの【魔力変換】とか【短距離弾道ミサイル】をズバッと引いて見事活躍しまくり。
相手の引きも良くなかったようで4枚挿しの《車爆弾》を(2対戦で)1枚も引かなかったらしいです。
------------------------------------------------

第9回大会対戦記 | | コメント (0)

2006年11月21日 (火)

第9回大会対戦記(round1,vsアモさん)

やってきましたFTT第9回大会。
今回はまたもや環境限定大会で、基本クリスタル以外はUAのみという限定された環境です。
カードパワーにあまり影響のない
ハナアルキ、ランドスペルバーンが猛威を振るう中
一体どんなデッキが頂点に上り詰めるのでしょうか?

2回のビギナー出場権利期間が終わり、強制的にオープンへエントリー。
七誌さん、clockさん、Lazyさんといった名を挙げるまでもない強豪に
予選からぶち当たり...ませんでした(少なくとも第1ラウンドは)w

さて、1週間という限られた期間で行われた予選第1ラウンド。
仕事の関係上、夜遅くに対戦するのが困難&週末も結構色々と予定があって
対戦自体が危ぶまれていましたが、何とか木曜日の夜にアモさんと第1戦。

------------------------------------------------
第1戦

こちらがクリスタル事故で5枚スタート。
しかもさらに属性事故。水のクリスタル3枚なのに炎のカードばっかり...
そして相手は非常にも《赤国エージェント》。
こちらの【水神の下僕】も《車爆弾》で即焼かれ、
さらに《短距離弾道ミサイル》も詠唱されこれは終わった...
と思ったところでネットワーク切断。
おそらく負けていたと思います。

結果:途中切断(5ターン、たぶん負け)

しかもここで急用ができ、一度対戦を中断してしまいました。
アモさんご迷惑をおかけしてすみませんでした。
------------------------------------------------
第2戦

その日の夜にまた対戦する機会がちょうどあり、ちょっと時間を置いて第2戦スタート。
今度はきちんと回っている。
【メカハナアルキ】【オゴポゴ】×3との激しい嫌がらせ。
相手も《赤国エージェント》を召喚するが、
今度はドローストックを温存しクロックを減らす。
しかし相手の《プラズマ射出》×3や《手榴弾》×2などで
こちらもなかなか攻め手を得られない。

そんな中、【車爆弾】を引いて唯一のブロッカー《赤国エージェント》を破壊。
一気に攻勢に転じる。
更なる《赤国エージェント》も2体ブロックで《火炎放射》をかわし、
きっちり相討ち。
こうなってしまえばこちらのもの。クリーチャーを順調に追加してビートダウン完了。

結果:勝ち(9ターン)
------------------------------------------------
第3戦

初期手札が鉱2枚を含むクリスタル5枚だったがドロー予告が【タキタロウ】だったので続行。
初期手札の【オゴポゴ】、ドローから【水神の下僕】とうまく展開し、
相手の《赤国エージェント》の影響を受けずにドローを重ねていく。
そしていよいよ【タキタロウ】。
しかし相手も《猛火の化身》を何と2体も召喚。
【メカハナアルキ】を囮にしたり【魔力変換】で粘りつつ場は膠着状態。

ここで相手は《短距離弾道ミサイル》。今のこちらのHPは9。
【赤国エージェント】を突撃させ【プラズマ射出】込みで4/4《猛火の化身》を倒す。
そして【オゴポゴ】と《赤国エージェント》を相討ち。
場には4/4《猛火の化身》と【タキタロウ】。
相手のHPも9。
ドロー【手榴弾】後1足りない...

とここでミサイル発動ターンのドローが【手榴弾】!
当然【タキタロウ】が攻撃すれば相手はカウンター攻撃。
無事【手榴弾】がミサイルより先に発動し、ギリギリ勝利。

結果:勝ち(11ターン)
------------------------------------------------
光炎のパワーカードを大いに使ったアモさんのバーンビートダウン風味。
《短距離弾道ミサイル》や《猛火の化身》《車爆弾》と
比較的MPの高いカードが多そうな感じがした。
その代わり結構クリスタル量はあるんだろうなあ。
バーンカードにクリーチャーが殲滅される展開だと一気に勝負を決められてしまいそう。
------------------------------------------------

| | コメント (0)

2006年11月15日 (水)

UA対戦記

ちょうど予選敗退した者同士のフリーでの大会デッキ対戦第2弾。
Kakkoさん。
もちろん許可は得ていますよー。

------------------------------------------------
光炎鉱からスタートを見て、あまりに重い
(【タキタロウ】【短距離弾道ミサイル】にクリスタル【プラズマ射出】)手札をリセット。
【メカハナアルキ】からスタートする軽快な手札をゲット。
相手は《槍兵》《年老いた教官》《赤国エージェント》《ヒューマノイドF型》等のビートダウン。
こちらは【プラズマ射出】や【車爆弾】でクリーチャーを焼いたり、
【水神の下僕】で一度引いてしまったドローストックを回復したり。
飛行クロックが回り、そして必殺【タキタロウ】。
3体ブロックで相討ちにされるがさらに2体目の【タキタロウ】。
流石にこれは耐えられず、勝利を収めた。

結果:勝ち(10ターン)
------------------------------------------------
Kakkoさんの手札には《猛火の化身》が2枚も。
結局7MPはたまらないという結論でした。
大会中も一度も出なかったそうです。
《プラズマ射出》が入っていないのか、
意外とクリーチャーが除去されなかったのが大きなポイントだったと思います。
特にこちらが《ヒューマノイドF型》を焼き、【水神の下僕】でクロックをまわせた、
そして終盤の【タキタロウ】につなげたのが大きかったです。
------------------------------------------------

| | コメント (0)

2006年11月13日 (月)

UA限定対戦(大会後)

ちょうど予選敗退したところでMeiさんとフリー対戦の機会があったので
Meiさんと大会デッキで対戦。
二人とも予選敗退でMeiさんに許可を得たので対戦記をアップ。

------------------------------------------------
どんなデッキかなー。と思ったら闇炎鉱。
んー、《ジャージーデビル》かあ。きついなあ。
こちらは若干事故気味。4MPあったから何とか回っているが、
【手榴弾】×2【メカハナアルキ】とぎりぎり。

相手が《怒り爆発》を間違えて攻撃済み《ジャージーデビル》にかけてしまうなど、
ミスもありつつ、こちらの方が【赤国エージェント】でのクロックで追い詰め、
ブロック強制させて、《サイバーテロ》コンボをさせない。
そのまま4枚目(!)となる【手榴弾】を引き、ズバッと勝利!

結果:勝ち(8ターン)
------------------------------------------------

| | コメント (0)